まだ発症してないものの、
インフルエンザの
感染が疑われるような時点や、

同居人に患者がいる時には、

「抗インフルエンザ薬」の
タミフルを予防投与できるようです。

ここでは、その際の
費用や保険適応について
まとめております。

スポンサードリンク

ウイルスが
体内に侵入した時が「感染」

そこから「潜伏期間」を経て

症状が出てくる事が「発症」で、
そしてやがて治ります。

今回は、

感染からする前や、
その疑いがある時から
潜伏期間に飲める

タミフル予防投与について
やらさしてもらいます。

タミフルの予防投与

「抗インフルエンザ薬」として
広く使われる「タミフル」

普通であれば、
インフルエンザが発症した時の、
「治療目的」としての
使用が一般的なのですが、

タミフルを
「予防目的」として飲む
予防投与もあります。

しかし誰もが誰も
タミフルで予防できる訳では無く、

処方してもらうには
いくつかの条件があります。

まず、
インフルエンザの発症者と
一緒に生活している人で、

尚且つ、

  • 高齢者(65歳以上)
  • 呼吸器系に疾患のある人
  • 糖尿病などの代謝性疾患患者
  • 腎機能障害患者

という条件に当てはまる、
「重症化のリスクが高い人」に
予防投与が認められるので、

希望した時には、
優先的に処方してもらえます。

でも例外的に、

受験を控えている子供さんなどに
飲ませたいだとか、

そういった時には、

医院に相談すれば、
予防投与としてのタミフルを
処方してもらえる事もあるようです。

でも優先的ではありません。

なので、
タミフルに余裕が無ければ
処方してもらえない場合もある事は
予め了承しておきましょう。

スポンサードリンク

費用や保険適用について

タミフルは、
ウイルスの増殖を抑え、
症状を軽減したり、
重症化のリスクを減らす

といった効果があります。

このように本来は、
「治療」を目的として
処方される薬です。

なので

タミフルを予防投与として
処方してもらう場合には、
保険適応はされません。

「予防」として用いるのは

保険診療ではなくて、
自由診療の範囲になるのだとか。

インフルエンザが発症した
患者さんは治療の範囲なので
もちろん保険診療になりますが、

まだ発症しておらず

インフルエンザとは
認められていないですし、
予防目的なので、
治療にはなりませんよね。

なので、
全額自己負担となり、

タミフルを予防として
処方してもらう場合の費用は
1万円ぐらいだそうです。

しかし、

自由診療は
医院側が値段を設定するので
費用はあくまで目安です。

安い所もあれば高い所もあります。

でもでも平均的な費用として
大体1万円ぐらいで
考えておくといいと思います。

ちなみに、

もらえるタミフルの量は、
「1週間~10日程度」で
10日以上飲み続ける事は
出来ないそうです。

タミフルで予防できるなら、
インフルエンザのシーズン中
ずっと飲み続れば最強じゃね?

っと思った人も
おられたかもしれませんが

人生もろもろ、

薬一つとっても
思惑通りに事は運びません。

最後に

っという事で、
予防投与としてのタミフルと
保険適応や費用について、
いろいろと書いてきました。

でもやはり、

予防・対策としては
予防接種が一番だと思います。

また、

普段から免疫力を意識して
健康状態を維持する事も
重要だと思いますので、

タミフルでの予防策は

あくまで特別な場合の
最終兵器的な
使い方がいいと思います。

飲み続けると、
身体に耐性ができちゃって

効きにくくなるそうですし。

では、
最後までご覧いただき、
ありがとうございました。