鼻へウイルスを
直接噴射する予防接種
「フルミスト」こと
インフルエンザ生ワクチン

って事で、

その価格(値段)など
まとめております。

スポンサードリンク

インフルエンザ予防接種には
2種類あります。

広く認知されているのが

毒性を無くした
「不活性ウイルス」を
体内に注射する方法です。

そして、

毒性を弱くした「生ウイルス」を
鼻の粘膜へと、
直接噴射する方法があります。

今回は生ウイルスに関する
お話しです。

鼻から予防接種「フルミスト」

従来のイメージなら

インフルエンザの予防接種と聞くと、
注射する事を想像しますが、

フルミストは
鼻の粘膜へ生ウイルスを噴射する
いわば「鼻から予防接種」

注射をしないので

針を入れられるのが苦手な人も
平気で大丈夫という感じ。

しかもフルミストは

注射の方に比べて
効果も約1年と長く、
感染自体を防ぐ事もあって、
新型インフルエンザにも
対応できるとされています。

でもでも、
メリットばかりではありません。

生ワクチンといえど
体に無害な程度に
毒性は抑えられていますが、

「対象年齢が2~49歳」

なので高齢者や赤ちゃんは
受けられないという展開です。

そしてまた、

次のような方は
生ワクチンは接種できません。

  • 妊婦
  • 小児喘息
  • 心臓や肺に病気のある人
  • 糖尿病の人
  • 卵白アレルギー

といった人はフルミストを
受ける事ができません。

そしてまた、

フルミストは
アメリカでは認められている
予防接種なものの、
日本ではまだ非承認なので

アメリカから輸入している所でしか
受ける事が出来ず、

非承認なので
何か重い副作用が出ても
国は何も保障してくれません。

スポンサードリンク

生ワクチンの副作用や価格は?

さてさて、
そんな生ワクチンこと
フルミストですが、

特に2歳~7歳だと
予防効果が高いそうです。

でもその強力さゆえか、

副作用もありまして、
接種後に鼻水や咳など
風邪っぽい症状になる人が
40%ほどいます。

しかしこれは軽度の副作用なので

ほとんどの場合
1週間ほどで治るようです。

そして重い副作用だと
全身が麻痺する
ギランバレー症候群になる
可能性があるようですが、

今の所は報告されて無いとの事。

ではお次に、
気になるお値段の話へ
入って行きますが、

生ワクチン
フルミストの価格は
「5千~1万円ぐらい」
だそうです。

輸入品になるので
注射の奴よりもお値段は
どうしてもお高くなっています。

なのでまあ
当然ピンキリですが、

上記の範囲をかんがみれば
「価格は7000円前後」だと
考えていればいいかと思います。

少々値段は張りますが、
受けるか受けないかはあなた次第。

最後に

アメリカでは
生ワクチンの方が
主流だそうですけど、

不活性ウイルスは
その年に注射した型と
流行した型が一致すれば、
生ワクチンよりも
予防効果があるそうで、

また、安全性の面から見れば
注射の方ですよね。

でも生ワクチンの方が
型などの条件を除いた
基本的な予防効果としては
軍配が上がる感じです。

とまあこのように

効果一つとっても双方に
メリットとデメリットがあり
一概にどちらが良いとは
決められませんので、

ご自身の状況だったり、
医師とよく相談して、

鼻から噴射するか
注射するかを決めるのが
一番だと思います。

そしてまた、

副作用のリスクは
どちらにもありますから、

予防接種前の注意はよく読んで
接種後の過ごし方など、
もろもろ気を付けて下さいませ。

では、

最後までご覧いただき、
ありがとうございました。