冬になると、
人間にとって脅威となる
インフルエンザですが、

ご家庭で飼っている
犬や猫など、

ペットへにもうつるのか?という
「ペットへの感染」について、
まとめています。

スポンサードリンク

犬には「風邪」
という病気は無いそうですが、

人間と同じように
くしゃみや咳などの
「体調不良」はありますから、

インフルエンザに罹るかも?という
可能性は疑ってしまいますよね。

そしてまた、

鳥インフルエンザや
豚インフルエンザなど

人以外の動物でも
大流行する病気があるので
余計に心配になります。

ペットへの感染は?

さてさてまずは
自分や、あるいは家族の人が
インフルエンザに
罹ってしまった時には

ペットにうつるのかどうかですが、

人から犬や猫といった
ペットへの感染は
今のところ無いようです。

通常インフルエンザは

人からは人だけ
犬からは犬だけ
鳥からは鳥だけ

っといったように、

種族といいますか
種類といいますか
同じ分類の動物にしか
感染しないのだとか。

つまり、

人からペットへうつる
あるいはペットから人へうつる
という感染経路は
”普通は”無いそうです。

しかし!

インフルエンザウイルスは
非常に変異しやすいという
特徴がありますので、

ペットから人へ
人からペットへの感染が
100%ありえないとも言えず、
可能性は0%ではありません!

通常ならありえないのですが、

極稀なケースで過去には
豚インフルエンザが変異して
人に感染したという例や、

人のインフルエンザが
猫へうつったという例も
報告されています。
(どちらの例も日本以外の国です)

ウイルスが様々な動物を媒介し、

それぞれでの体内で
徐々に変異していった結果、

体に影響を及ぼすぐらいに
進化していった
と考えられています。

なので

ペットへの感染も
無くは無いという事です。

大方は安心しても
大丈夫だとは思いますが、
「感染しないだろう」と
たかをくくってしまうのはNG。

決して油断は禁物です。

スポンサードリンク

ペットへの対応

という事で、
ペットへうつる可能性も
0%ではない事が判明しています。

そして特に、

人の間で大流行するような
新型インフルエンザの場合は
ペットへの注意が
必要だと思いますので、

インフルエンザに罹った時には

同居している「人」も
もちろんそうですが、
ペットにも近づかないように
配慮する事が大事です。

そしてまた、

インフルエンザ患者が
ペットを触った際などに
ペットの体にウイルスが付着し、

そのペットを他人が触って
人へと感染する可能性もあります。

つまり、

ペットには罹らないものの
「感染者→ペット→他人」という感じの
感染経路をたどる事もあり得ます。

イメージ的には

ペットが感染者の顔なめた時に、
舌にウイルスが付着し、

そしてその舌で、
他の人の顔をなめた際に
その人にウイルスが侵入してしまう
みたいな感じです。

まあとにもかくにも

自分も含めた「人」が
インフルエンザになった時には
ならべく家では隔離して
必ずマスクを着用し、

他人もとい、
ペットにも接しないように
する事が大事になってきます。

十分ご注意ください。

最後に

最後にまとめていきますと、

「ペットへうつるのか?」
という疑問は
「”今の所は”移る可能性は低い」
っと回答出来ると思います。

「人」へ感染する
インフルエンザウイルスは
他の動物、ペットへの感染は
通常ならありません。

とはいっても、

可能性は0%でもなくて
変異によって
インフルエンザになる事も
十分考えられます。

とにかく油断せずに、

感染しないように
配慮する事が大事だと思います。

では、

最後までご覧いただき、
ありがとうございました。