インフルエンザにおける
母子感染みたいな感じで、

母乳への影響や、
授乳する際の注意などを
まとめています。

スポンサードリンク

今回は、
赤ちゃんの母親が
インフルエンザウイルスに
感染して発症した場合、

授乳中なのだけれども、
母乳を飲ませても大丈夫なのか?
影響は無いのか?

といった疑問についての事を
まとめております。

母乳への影響は?

さてさて、
まず結論から言いますと、

赤ちゃんの母親が
インフルエンザになってしまい、
高熱などの症状がでた時でも、

母乳に影響はありません。

つまり母乳の中に
インフルエンザウイルスが
混じっているみたいな
そういった事はないようです。

むしろ母乳の中に
含まれている成分によって
赤ちゃんの免疫力が高まるので

母親がインフルエンザでも
母乳を飲ませた方が良く、

そしてもしも
赤ちゃんが感染したとしても
飲ませていた方が
軽症ですむと言われている程です。

また、

インフルエンザになった場合
タミフルやリレンザなどいった
いわゆる「抗インフルエンザ薬」を
処方されて、飲むと思いますが

そういった薬が
母乳に影響する事も
まず無いと考えられています。

かなりの微量程度は、
薬の成分が含まれてしまうそうですが、

赤ちゃんに
影響を及ぼすぐらいの量が
含まれる訳では無いとの事です。

とはいっても、

そう聞くとやはり
心配になると思いますので、

お医者さんに行った時に、
自身が「授乳中」(母乳育児)
という事はしっかりと医師に伝え

自分の現在の具合(症状)と
赤ちゃんの事を考慮し、

ならべく影響がないような
方法を探って行く事を
おススメします。

スポンサードリンク

授乳中の注意

という事で
インフルエンザに
罹患している状態でも

母乳に影響は無いと
わかった所で、
お次は授乳の際に
気を付けるべき事ですが、

授乳する前には手洗いをして
しっかりマスクを着用し、
授乳中は、赤ちゃんに向かって
咳やくしゃみをしないように
気を付けます。

このようにして、
飛沫感染や接触感染といった
感染経路に注意します。

また、

母親の症状が辛くて、
母乳なんて飲ませていられない程
しんどいという状況の時でも

ならべくは
母乳を飲ませた方がいいので
まずは「寝たまま授乳する」
といった方法を
考慮してみて下さい。

とはいっても、

無理をしない事が
やはり大事ですので、

人工乳を作ってくれる人など

周りに人がいる時には
我慢せずに頼って

ご自身の体調を
できるだけ早く治す事に
専念して下さいね。

また、

授乳を続ける場合は
水分を与える事になるので
「脱水症状」には
お気を付け下さいませ。

最後に

って事でいろいろと
まとめてきました。

とにもかくにも

母子感染的な、
感染の心配や母乳への影響に
ナイーブになって、
授乳を止める必要はなく、

母乳育児を続ける方が
メリットは多いと思います。

まあでも、

まずはインフルエンザに
感染しない事が
一番重要になってくるので、

普段から予防対策を
しっかりして下さいね。

また、

授乳中の母でも、
インフルエンザの予防接種を
受ける事は可能なので、

予防接種の注射を
受ける事をおススメします。

では、

最後までご覧いただき、
ありがとうございました。