妊娠中や妊娠初期の場合、

インフルエンザウイルスもとい、

インフルエンザの
予防接種や薬などは
胎児へどう影響するのか?

といった事をまとめています。

スポンサードリンク

妊娠中だという事は

お腹の中にもう一人の命を
授かっているので、

自分のみならず
お腹の子の事も考えるので、
何かとナイーブになりますよね。

そんな不安をここで
少しでも解消できれば

幸いにございます。

妊娠中の予防接種は大丈夫?

まずはインフルエンザに
感染する前の状態を
書いて行きます。

そしてさっそく
結論から行きますが、

妊娠中の人
(妊娠初期の場合でも)
インフルエンザの
予防接種を受けても
大丈夫です。

インフルエンザの
ワクチンが作用して
胎児に何らかの
影響があるという事は無く、

むしろ妊娠中の方は
インフルエンザ予防接種を
受ける方が良いのだとか。

感染してからの
重症化の可能性も低くなって、

早期回復も期待できますし、

また、ならべくなら飲みたくない
という人が多い治療に使う薬を
飲まずに済む場合もあるので、

やはり予防接種は
受けた方が良いようです。

でですね、

予防接種といえば、

不活性ワクチンを
注射でする方法が一般的で
広く知られていますが、

近年では、

生ワクチンを鼻の粘膜へと
直接噴射する
「フルミスト」という方法も
行われています。

フルミストの方が

従来の不活性ワクチンよりも
強力なのだそうですが、

その強さがゆえに、
妊婦さんは生ワクチンは
接種出来ないので

安全性の高い不活性ワクチンで
予防接種をして下さい。

スポンサードリンク

妊娠中の薬の影響は?

さてさて、
お次はインフルエンザに
感染してしまい、
発症してしまった場合を
書いて行きますが、

国立成育医療センター及び
厚生労働省の発表では、

妊娠中や妊娠初期でも
抗インフルエンザ薬である
タミフルとリレンザは
胎児に影響は無いという
発表はあります。

つまり
「薬による影響は無い」
という事です。

とはいっても

かなりの微量ではありますが、
薬の成分はどしても
含まれてしまうそうで、

影響は無い範囲とはいえど、

そういった事が
どうしても気になるという人は
薬の服用は避けた方が

精神衛生的には
良いのかもしれません。

しかし、

とても辛いのに
薬を飲まない事によって
さらに悪化するのは
本末転倒な気もしますので、

薬を避けたい場合でも、

ご自身の症状の辛さを考慮しつつ、
お医者さんと相談してから、
治療の方針を決めるのが
一番確実だと思います。

最後に

インフルエンザに感染した時、

妊婦の方々は、
妊娠していない方に比べ、

重症化したりして、
集中治療室に入る割合が
10倍も高い
というデータがあります。

こういった事実を見ると、

どれだけ妊婦さんが
インフルエンザウイルスに
罹ってしまう事が
大変なのかがわかりますよね。

なのでやはり

まずは予防接種を受けて
重症化のリスクを並べく低くし、

普段からのマスク着用や
手洗いなどの対策を徹底して
予防をばっちりする事が
重要だと思いました。

くれぐれもご注意ください。

では、
最後までご覧いただき、
ありがとうございました。