インフルエンザと風呂
っという事で、

注射した後だったり、
感染している場合、
そして治ってからは
いつから入浴していいのか?

などなどについて、
まとめています。

スポンサードリンク

風邪をひいた時にも
入浴するかどうかに関しては、
賛否ありますよね。

風呂に浸かって
よーく温もってから寝なさいだとか

止めといた方がいいだとか、

ってまあ今回は風邪じゃなくて、
インフルエンザについての
事なんですけどね。

注射した後の風呂はOK?

小学校の時に
予防注射を受けた後は
風呂に入ってはいけないと
言われたような

そんな記憶があって

よく浮かぶ疑問が
インフルエンザ予防接種後に
お風呂に入っていいのか?

っという事ですよね。

でまあこれに関しては
予防接種を受ける際にも
注意を書いた紙とかが渡されて
知る事になると思いますが、

インフルエンザの注射をした後でも
お風呂で入浴して大丈夫です。

ただし、
一点注意がございまして、

お風呂で体を洗う時に、
注射した部分をゴシゴシと
擦らないように気を付けて下さい。

注射部位を擦ってしまうと

内出血みたいな感じに
なってしまう事があるので

軽くなぞる程度に洗うか、
あるいはもう
一切触れないように注意して

入るようにして下さい。

スポンサードリンク

感染後の風呂はいつから?

そしてお次は、
インフルエンザになってしまった時の
お風呂事情について、
書いて行きます。

まず、ゴリゴリに感染してて、
症状がとても辛い時は
もうお風呂に入る元気なんて
全く無いと思います。

しかしその後、
熱もすっかり下がって、
症状も軽くなってきた時に

「いつから風呂に入れるか?」
という事ですが、

熱が下がって、
本人的にもお風呂に入る
元気があれば
入浴して大丈夫です。

一般的にも、

完治してから入るって人よりも、
熱が下がってから入る
と言う人が多いです。

やっぱり風呂入って
サッパリしたいですもんね。

しかしその場合は、

湯冷めをしないように
くれぐれも気を付けて頂き、

また、

タオルは別々で使用して、
感染者は最後に入ってもらうと
感染拡大のリスクは減ります。

浴室は湿度が高いので

入浴による湯の共有によって、
ひいてはお風呂で
インフルエンザに感染する
という事はほとんどないのですが、

インフルエンザウイルスは
湿度に弱いといっても、

ウェットになったその瞬間に
すぐさま全て不活性になる
という訳ではありません。

つまり

感染者のすぐ後に入ったら
まだ生存しているウイルスがいる
という可能性も十分あります。

なので、

感染者は一番最後に
お風呂に入ってもらうのが
最も安全だと思います。

そしてそして、

いつまで風呂の順番を
気にしなければならないのか?

っという事ですが、

これは出席停止期間に則って

症状が出てから5日以上、
なおかつ
解熱して2日以上を経過したら、

もう風呂の順番は
気にせず入ってもいいと思われます。

最後に

っという事で
インフルエンザと
風呂の事情について
いろいろとまとめてきました。

最後にもう一度だけ
注意しておいて欲しいのは、

「湿度が高いから安全」
というのは決して
間違いではありません。

しかしそれは、

湿度が高い状態を維持し
ある程度時間が経ってからの場合です。

ウェットになった瞬間に
速攻で倒せる訳では無いので
お風呂の順番は
くれぐれもお気を付け下さい。

では、

最後までご覧いただき、
ありがとうございました。