インフルエンザの停止期間について、

会社への出勤や
学校への出席は
どうなっているのか?

法律では何日休むのかを
まとめています。

スポンサードリンク

今回の内容は、

「インフルエンザになった時、
何日休むのか?」

って事で、

学校の場合と、
会社の場合について
それぞれ書いています。

出席停止期間は?

インフルエンザに
生徒本人が罹ってしまった時は、

学校保健安全法施行規則
第19条によって
出席停止期間が決められています。

この学校保健安全法には

保育園・幼稚園から
小学校・中学校・高等学校
大学までの教育機関は
全て含まれています。

さて、

インフルエンザと診断され、
学校を休んでから、

再び登園・登校を開始するには
次の条件を満たしてないと、
通う事が出来ません。

発症後5日間以上経過していて、
なおかつ、
解熱後2日間以上経過した時。
(幼稚園・保育園は解熱後3日以上)

なので

出席停止期間は
発症後5日間、
解熱後2日間です。
(幼稚園・保育園は
解熱後3日以上)

発症後1日で熱が下がって
2日経っても、
トータルで5日以上を
経過していないとダメで、

発症後5日以上経ってても、
熱が下がってから2日間以上を
経過していないとダメという事です。

そして生徒本人ではなく、

両親や兄弟姉妹など、
同居しているご家族が
感染している場合は、

法律で出席停止とはなりませんが、

それぞれの学校によって、
登園、登校を禁止している所も
あるようです。

なので

本人ではなくて
同居している人が感染した時は、
一度学校に連絡して
確認するようにすれば
確実だと思います。

あるいは保育園や学校の方から

インフルエンザ時の対応について
事前にお知らせが配られる事もあるので
見逃さないようにして下さい。

スポンサードリンク

出勤停止期間は?

そしてお次は、

社会人になってからの場合に
「会社は何日休むのか?」
って事ですが、

これは

新型インフルエンザか
季節性インフルエンザかで
扱いが違ってきます。

まず従業員本人が罹った時、

新型インフルエンザの場合は、
法律での出勤停止期間が
学校の時と同じように
発症後5日間以上で
かつ、解熱後2日間以上と
決まっています。

なので新型インフルエンザと
診断された際には、
出勤が法律で禁止されています。

しかし、

季節性インフルエンザの場合は、
それぞれの会社によって
出勤停止にするかどうかや
何日休ませるかが違っています。

つまり季節性の場合、

会社の就業規則として、
それぞれ決める事が出来ます。

なので新型ではなくて、
季節性インフルエンザだと
診断された際には、

会社の方に連絡し、

お勤めの会社の就業規則に従って
対応するようにして下さい。

また、

従業員本人ではなくて、
従業員が同居してる家族が
感染した場合も、

会社によっては、
出勤停止にする所もあるので、

そこらへんの事も
予め確認しておけば、
良いかと思います。

最後に

ここで実際知識として
知ったとしても

いざ罹った時には、
多少なりとも混乱する事も
あるかと思います。

なので、

停止期間について、
よくわからないという人は、

病院にいって、
インフルエンザですと
診断された時に、

お医者さんに
「学校はいつまで
休んだらいいですか?」
っと聞くのが

一番てっとり早く、
解りやすいと思います。

そうすれば、
具体的な日にちを交えて、
出席停止期間を
教えてくれると思います。

また、

会社への出勤停止期間は、
それぞれの会社で
決まっていると思いますので、

上司なりに聞いて、
指示を仰ぐといいと思います。

では、

最後までご覧いただき、
ありがとうございました。