「急な高熱が出る」
というイメージが強い
インフルエンザ。

しかし

感染していても平熱のままで、
インフルエンザだけど熱なし
みたいな場合もあるのだとか。

スポンサードリンク

個人個人によって、
また、
それぞれの身体の状態によって

その症状が多岐にわたる
インフルエンザ

インフルエンザでも平熱の時がある

さてさて、
冒頭でもちらっと言いましたが、

急激な高熱がでたら
インフルエンザを疑うというのが
ある種のセオリーで、

風邪との違いを判断する
ポイントでもあります。

しかし!

次のような場合は、
インフルエンザに罹っているのに
平熱のままな事があるようです。

予防接種を受けている状態で
感染してしまった時

事前に予防接種をした事によって、
症状が軽くなっている状態です。
しかし、熱が出ないだけで、
インフルエンザに変わりありません。

インフルエンザのB型の時

インフルエンザB型は
毎年一般的に広く流行する
A型に比べ「高熱が出にくい」
という特徴があるようです。

感染初期の段階で
インフルエンザと気づかずに
風邪薬を飲んだ時

こちらも薬によって
症状が和らいでいる状態ので、
予防接種を受けた時と似ています。

しかし、

なまじ平熱なだけに
インフルエンザだと気付かずに、
過ごしてしまい、
知らない内に感染を拡大する事も。

風邪とはどう見分ける?

熱が判断ポイントとして
挙げられるインフルエンザ。

しかし熱が無い時には
どのようにして
感染を疑うのかという事ですが、

熱が無くても、
全身の関節痛や
筋肉の痛みがある場合には
疑った方がいいです。

また、

強い悪寒だったり、
もの凄い頭痛だったり、
より症状が強く感じるような

「風邪かな?」っという感覚が
いつもと違う場合。

そして、

周囲でインフルエンザが
流行しているなど

そういった場合には、

一度病院で検査を受けた方が
良いかと思われます。

熱なしだと判断が難しいですが、

総合的に見ていく事が
大事だと思います。

スポンサードリンク

熱なしでも感染させてしまう

上記のように、
熱が無いからといっても
インフルエンザである事には
なんら変わりありません。

感染者本人の症状が軽いから
インフルエンザの感染力も弱い
みたいな事でも無く、

インフルエンザだけど
熱なしだから大丈夫だとか
感染させる可能性が低いとか
そういう事はありません。

むしろ急な高熱という
わかりやすい症状が出てないだけに、

自分自身がインフルエンザだと
気付く事が出来ずに、
周囲へ感染を拡大させる恐れが
あるほどです。

なので先ほども書いた
風邪との見分け方も含め、

全体的な症状をみて、
総合的な部分で
判断するようにすると、

拡大をある程度は
防げるのではないかと思います。

最後に

季節性のインフルエンザは
毎年12月~3月頃まで
流行しています。

その時期、期間だけでも
「風邪かなー」っと思ったとしても、

インフルかもしれないと、
罹っている可能性を
少しでも頭の片隅に置き、

早めの対処をするようにすると、

周囲での流行も
防げるかと思います。

まあ普段からしっかりと
予防・対策をするに
越したことはありませんが。

くれぐれもお気を付け下さい。

では、
最後までご覧いただき、
ありがとうございました。