今回はインフルエンザと
体温の関係を主に

インフルエンザだけど
体温が低い、
あるいは体温変化しない

と言った事から、

それに関連し、
汗が出ない事や
汗でも感染するのか?

という事も書いています。

スポンサードリンク

体温が高くなって、
そして汗が出てきて、

というのが

風邪の場合には、
治りかけている証拠だと
言われていますが、

インフルエンザでは
果たしてどうなのでしょうか。

インフルエンザだけど体温は低い

インフルエンザの特徴といえば
「急激な高熱」で、
ウイルスをやっつける為に、
体温を上げてて闘います。

しかし、

逆に体温低下したとか、
あるいは体温変化がないだとか
そういった場合もあります。

これらの場合に考えられるのは
次のパターンです。

  • 感染初期の段階で薬を飲んだので
    症状が和らいでいる状態
  • 感染初期(潜伏期間)の段階で
    薬を飲んでいたので
    高熱などの辛い症状が出ないで
    済んでいるパターンです。

    しかしこれは多くの場合

    タミフルやリレンザなどを
    予防投与として
    処方してもらった時です。

    インフルエンザだと気づかずに
    市販の風邪薬を飲んだ場合は
    症状を先延ばしにしてる
    という感じなだけで、

    薬の効果が切れた時に
    高熱など、インフルエンザの代表的な
    症状が現れてくる事が多いです。

  • 予防接種の効果
  • こちらも先ほどと
    似た感じですが、

    予防接種によって
    辛い症状が出ずに済んでいる
    というパターンです。

    っという感じで、
    この2つのパターンが考えられます。

    このように、
    インフルエンザであっても、

    初期段階での対応や
    予防接種の有無とその効果によって
    個人個人で症状が違って来ます。

    なので、

    インフルエンザかどうかは
    一概に体温だけが
    目安にはなりません。

    体温だけで判断せずに、
    関節痛などの全身症状も見て

    判断すると良いと思います。

    スポンサードリンク

    汗が出ない事も?

    身体が熱を上げるという事は
    ウイルスと闘う為だと
    先ほどちらっと言いましたが、

    40℃近い熱があるのに
    汗が出ない事もあるのだとか。

    普通に考えれば
    これだけの熱なのにと、
    少し異常な気もしますよね。

    一般的にも
    体温が40℃近いと
    人間は3Lもの汗をかく
    と言われています。

    しかし、

    汗をかかないというのは
    汗をかくと体温が下がるので
    身体が汗を出さないようにしている
    という場合があります。

    汗を出さずに高温を維持して
    ウイルスとの闘いを継続している
    みたいな感じです。

    またあるいは、

    急激に体温が上昇すると
    血管が収縮して汗が出にくくなる

    って事もあるのだとか。

    とはいっても、

    あまりにも高温(高熱)が続くと
    寝られないなど
    身体に負担がかってくるので、

    そんな場合は薬によって、
    一時的にでも熱を下げ

    休憩といいますか
    身体に適度な休息を入れて
    また再び熱を上げて対応します。

    この時、

    薬の発汗作用などで
    汗をかいて体温を下げるので
    脱水症状には気を付けて下さい。

    薄めたスポーツドリンクや
    水に少しの塩を混ぜたモノで

    水分ととにも
    ちゃんとミネラルも補給し、
    脱水症状に備えて下さい。

    汗から感染する?

    さてさて、
    汗が出ないくだりが
    非常に長くなりましたが、

    結論から言いますと、

    インフルエンザは
    汗では感染しません。

    なので
    感染者がどれだけ汗をかいて
    びっしゃびしゃになっても

    汗が原因で感染する
    って事はないようです。

    なので、

    家族が感染していて
    汗でビチャビチャの衣類を
    一緒に洗濯したとしても

    そこにウイルスがいて
    感染拡大してしまう

    という事はまず無いのだとか。

    ノロとは違い、
    ここだけに関しては
    インフルはまだ良い方ですよね。

    最後に

    体温が低いのと関係し、

    元から低体温の人は
    インフルエンザに
    罹りやすいそうです。

    体温が1℃下がると、
    身体の免疫力は30%下がる

    っと言われており、

    つまり低体温の人は
    元々の免疫力があまり強くない為
    罹りやすいと言われています。

    平熱が低い人は
    特に気を付けて下さいませ。

    では、
    最後までご覧いただき、
    ありがとうございました。