ノロウイルスの症状といえば
「嘔吐」や「下痢」という
イメージがありますが、

インフルエンザでも
吐き気をもよおしたりする場合が
あるのだとか。

その際の症状の違いなどを
まとめています。

スポンサードリンク

今回の内容は
冬に流行するウイルスの
「2大巨頭」っといっても
過言では無い

インフルエンザと
ノロウイルスについてです。

インフルエンザでも吐き気や嘔吐

インフルエンザに罹った時に、
現れる代表的な症状は
「急な高熱」や
「全身の関節痛」ですよね。

なので嘔吐や吐き気は
インフルの症状としては
あまり馴染みがありません。

しかし、

インフルエンザでも
吐き気や嘔吐といった
症状が出る場合があります。

この場合に考えられるのは

インフルエンザB型に
感染している事です。

一般的に毎年流行する
季節性インフルエンザの
ウイルスはA型なんだそうで、

その代表的な症状が
高熱や関節痛です。

しかし、

インフルエンザB型は
A型に罹った場合の特徴に加え
吐き気や嘔吐を伴う場合が
あると言われています

A型に比べれば
感染している人の割合は少ないものの、

罹っている人がいるのも事実です。

自分が何型に感染しているのかは
検査によって分りますが、
処方される薬などが違ってきますので、

自分の症状はしっかりと
お医者さんに伝えるようにして下さい。

しかしまた、

処方された抗インフルエンザ薬が
ご自身の体質に合わずに、
副作用的な感じで
吐き気を強くしたりといった事もあるので

その場合はただちに服用を止めて

医師に相談といいますか
報告するようにして下さい。

そして、

吐き気や嘔吐を伴った
インフルエンザの場合は
「脱水症状」に気を付けて下さい。

ただでさえ、
身体からでる大量の汗で
体内の水分やミネラルが失われます。

そこにさらに嘔吐によって
水分が奪われるので、

水分補給は積極的に行って下さい。

スポンサードリンク

ノロウイルスとの違いは?

さてさて、
インフルエンザでも
B型に感染してしまったら、
多くの場合は

ノロウイルスのような
吐き気や嘔吐、下痢といった
症状が出てきてしまいます。

そしてこれらの症状が
似てる事もあって
見分けがつかない事も
あるかもしれません、

ではどうやって

インフルエンザと
ノロウイルスの違いを
見分けるかといいますと

  • 「高熱」と「微熱」
  • 「全身の関節痛の有無」

この2つがポイントです。

インフルエンザの場合は
吐き気などに加えて
やはり38℃以上の高熱や
全身の関節痛といった症状が出て、

また、くしゃみや咳
鼻水などの風邪っぽい症状が
主に現れます。

一方、ノロウイルスの場合は、
吐き気や嘔吐と共に、
ノロの代表的な症状である
下痢や腹痛も伴っていて、

また、熱は出ない事や、
あるいは熱が出たとしても微熱程度で、
関節痛などはありません。

っとこのように、

高熱か微熱か
全身の関節痛の有無

ここがポイントになります。

そしてこれらに加えて
下痢がひどい場合や
腹痛が凄い時は

ノロウイルスの可能性が高いと
判断出来ると思います。

最後に

っという事で、
インフルエンザでも
嘔吐や吐き気は伴う事があり、

そしてまた、

似た症状の現れる
ノロウイルスの違いを
説明してきました。

とはいってもですね

実はインフルエンザB型は
微熱の場合が多く、
ノロウイルスとの見分けが
わりと困難です。

なので関節痛の有無が
最も重要だと思われます。

まあでも
インフルエンザかノロウイルス
どちらが自分の周囲では
流行っているのかとか、

ノロウイルスの場合は
牡蠣を食べただとか

どちらに感染しているかの
可能性が高いかの思い当たるふしは
なにかしらあると思いますので

それらも加味して判断してみて下さい。

まあ検査をすれば
ハッキリと分ると思いますが。

では、
最後までご覧いただき、
ありがとうございました。