今回は、

インフルエンザに罹った時に、
頭痛やめまい、
そして耳が痛いなど

頭と耳の症状について
まとめています。

スポンサードリンク

実に様々な症状を引き起こす
インフルエンザウイルス

今回は

頭痛、めまい、
そして耳といった
頭系に現れる症状の

原因を探っていきます。

めまいや頭痛

インフルエンザに罹った時に、

継続的に鈍器で殴られたような
もの凄い頭痛になる事もあります。

その頭痛に加えて
高熱によってめまいが
起る場合があります。

インフルエンザに限らず、
めまいが起る原因は

三半規管など、
体のバランスを司る器官に
何かしらの障害が生じた時に
起る事がほとんどです。

その器官に影響を与えているのが

激しい頭痛だったり、
高熱だったり、
ひいてはインフルエンザです。

またあるいは

薬の副作用によって
めまいがする人も
中にはおられるようです。

とまあこのように、

高熱が出ている時に
頭痛によって、
あるいは薬によって

めまいを感じる人もいれば

熱が下がった後に
強いめまいを感じる人もいて、
こういった解熱後の方が
めまいを感じる人が多いようです。

その原因としては、

インフルエンザで高熱を出し
安静にしている為に、
ほぼ一日中寝ていた事により、
三半規管のバランスが崩れ
その結果めまいが起きる。

といった具合です。

しかしこのように
めまいが起きていたとしても

インフルエンザが治れば
必然的にめまいも、
そして頭痛も治りますので、

何かの合併症
あるいは重症化している

という事ではありません。

スポンサードリンク

インフルエンザで耳が痛い事も

インフルエンザウイルスで
「痛い」と言えば

全身の筋肉や関節、
そして頭(頭痛)などが
挙げられますが、

インフルエンザによって
耳が痛い事もあります。

耳が痛い時に
可能性として考えられるのは
「急性中耳炎」
なっている場合です。

喉や鼻の粘膜にいる
インフルエンザウイルスが
耳の中(中耳)にまで入り込み、
中耳炎になってしまいます。

あるいは血中のウイルスが
血管から中耳に侵入する場合も
あるのだとか。

なのでいわば

ウイルスが鼻や喉だけではなくて
耳にも侵入したという感じで、

このようにウイルスが
耳に(中耳腔に)感染する事で
中耳炎を起こし、
それが原因で「耳が痛い」という
症状を訴えます。

しかしこういった症状は
大人に表れる事は少なくて、

多くの場合、
まだ耳が十分に発達していない
5歳ぐらいまでの
子供に多いようです。

でもほとんどの場合

中耳炎によって
耳が痛いといっても
一過性によるモノなので
数日で完治します。

しかし
あまりにも耳を痛がる時は、

小児科へ行って、
耳が痛い事を伝える事も良いですが、
「耳鼻科」へ行った方が
いいかもしれません。

最後に

という事で
「頭痛」や「めまい」
そして「耳が痛い」

このような症状の原因を
いろいろと書いてきました。

これらの症状は
インフルエンザが原因なので
ほとんどの場合、自然に治ります。

しかし完治後も症状が続く時は

やはり別の病気が考えられるので
然るべき機関で診察してもらい、
しっかりと治療して下さい。

では、

最後までご覧いただき、
ありがとうございました。