今回はインフルエンザ薬
「リレンザ」について

熱が下がらない場合など、
効かない時は、

耐性が付いてしまったのか?
あるいは、
服用のタイミングや時間が
間違っているのか?

などなどについて、
まとめています。

スポンサードリンク

インフルエンザの薬といえば
「タミフル」が定番で
知名度も高いですが、

リレンザはタミフルと同時期に
日本で保険適用になっている薬で、

近年タミフルへの耐性や
異常行動との関連などがニュースになり、
その影響でリレンザの方に
注目が集まっています。

とはいっても

簡単に飲めるタミフルとは違い
吸入するタイプなので、
吸入が難しい年齢の人だったり、
状態が悪い人の場合、

簡単に服用出来ないという
側面もあります。

リレンザが耐性で効かない?

リレンザは
インフルエンザウイルスの
増殖を抑える薬なので、

発症から48時間以内の使用が
望ましいとされています。

なので48時間以上経った場合は
熱が下がらない事もあるので、
リレンザは効かない
といっても過言ではありません。

しかし上記以外の場合

「もしかして耐性がついた?」
っと思う人もいるかもしれません。

タミフルの場合であれば

タミフルに耐性を持った
インフルエンザウイルスが
既に存在しているので、

効かない事もありますが、

リレンザではそういったような
耐性を持ったウイルスというのは
今の所まだありません。

とはいっても、

可能性が無い訳ではないので
ずっと大丈夫
という事でもありません。

まあでも今後

仮に耐性を持ったウイルスが現れても
その時にはまた新しい薬が
開発されていると思われます。

って事で

「リレンザが耐性で効かない」
という事は今の所ありません。

しかし

今後の可能性としてはある
という感じです。

スポンサードリンク

タイミングや時間の間隔は?

リレンザは吸入薬、
その用法は
「1日2回吸入で5日間」
となっています。

しかしその2回には

食前だとか食後だとかの
「決まり」みたいなものが無く
基本的には「朝晩の2回」
っとされています。

がゆえに、

リレンザを吸入する時の
有効なタイミングが
あるのかどうか?

みたいな疑問が出ますよね。

まあそんなこんなで
いろいろ調べてみましたが、

リレンザは
服用のタイミングに決まりは無く
空けなければならない間隔も
定められていないようです。

つまり、
ぶっちゃけ「いつでもいい」
って事になります。

飲み薬では無く、吸入する薬なので
そこまで気にしなくていいとの事。

しかし

48時間以内の服用が
やはり一番効果的なので、

リレンザを処方されたら
家に帰ってすぐに
まず1回目を吸入する事を
おすすめします。

そして2回目については、

病院へ行った時間にも
よると思いますが、

1回目を昼ごろに吸入したなら、
寝る前にするとか食後にするとかで
良いと思います。

いずれにせよ、

寝てしまって2回目が出来ない
みたいな事になる前に、
吸入できそうなタイミングで
服用する方が良いかと思います。

ちなみにですが、
日本では決まってないものの

アメリカでは、
リレンザは2時間以上の
間隔をあけるように
との決まりがあるようです。

まああくまで
「アメリカの場合」なので
ご参考程度に留めておいて下さいね。

そして、

リレンザは特効薬だとか
解熱剤では無いので

すぐに効果が出て
劇的に症状が軽くなる
という訳ではありません。

「吸入する」ってのが
なんか響きがかっこ良くて
勘違いしがちですけど、

そうじゃないのでお間違え無く。

最後に

リレンザは吸入薬

錠剤だったら胃にいくので
飲み合わせ的な感じで
お酒は控えると思いますが、

リレンザは肺へいくので
お酒飲んでも大丈夫でしょ?

っと思う人もいるかもしれません。

でもやはり薬である事に
変わりはないので

どんな薬でもそうですが、
アルコールとの併用は
避けるべきだと思います。

では、

最後までご覧いただき、
ありがとうございました。