生まれたばかりのような
まだ小さな赤ちゃんの育児に
毎日毎日奮闘中

そんな母親がノロウイルスに
かかってしまった・・・

この場合でも

授乳は大丈夫なのか?
そして母乳によって
感染してしまう可能性はあるの?

といった事について
まとめております。

スポンサードリンク

ノロウイルスは
非常に強い感染性胃腸炎

ゆえに、

母乳育児の場合は
あげていいのかどうか
迷いますよね。

特にまだ赤ちゃんという

病気への抵抗力も
そこまでは無い時期なので
より神経質になってしまいます。

そこで今回の内容が

疑問解決になれれば
幸いでございます。

授乳は大丈夫?

さてさて、

まず結論から言いますと
赤ちゃんへの授乳は大丈夫です。

しかし!

授乳する際には
ウイルスを移さないように
徹底して気を付けないと
感染させてしまう可能性も
ゼロではありません。

なので授乳の時には

  • マスクを着用する
  • 乳首、手指の消毒
  • 服を着替える

以上の点に注意し、
お乳を与えるようにすると
良いかと思います。

とどのつまり、

「赤ちゃんが触れる部分は
徹底して清潔にする事」

これが何よりも重要です。

特に、嘔吐や下痢
といった症状がある場合は、

飛び散った液が
着ている服に付着し、
そこにウイルスがあるので、

服を着替えてから
授乳した方がより安心です。

そしてまた一方で、

注意して欲しいのが
母親の「脱水症状」

嘔吐や下痢と
ただでさえ体の中の
水分が放出されるのに、

さらに授乳するとなると
もっと体の水分を
体外へ出す事になるので

授乳する母親は
脱水症状に気を付けて下さい。

医師によっては
授乳を控えるように
させる方もいるほどです。

なのでご自身の水分補給も
忘れないようにして下さいね。

スポンサードリンク

母乳で感染する?

先ほども言ったように、
授乳しても大丈夫ですので、

それはつまり、

母乳の中に
ノロウイルスが含まれている
という事ではありません。

嘔吐物だったり便だったりは

入ってきたウイルスを
体外へと出す為に行う事なので
当然ノロウイルスが
その中には含まれるのですが、

母乳の中には
含まれてはいないそうです。

むしろ

母乳は「天然のワクチン」
と言われている程で、

その中に
「ラクトフェリン」
という成分が入っており、

それがノロウイルス予防に
効果的なのだとか。

つまり母乳を与えた方が

赤ちゃんの為にも良いと
そういう事ですよね。

しかし先ほども言いましたが、

与えすぎると
今度は母親の脱水症状が
懸念されるので、

そこは十分に気を付けて

無理のない範囲で
行うようにして下さい。

最後に

という事で、
いろいろと書いて来ました。

軽くまとめてみますと

授乳の際には
身体の外からの感染
これに気を付けて
対策する事が重要で、

そして、

母乳を与える事は
赤ちゃんの身体の中からの
感染対策と言えるかと思います。

とはいっても、

どうしても赤ちゃんを第一に
考えてしまいますが、

母親ご自身の体調も考慮し、
より早く治す事が
一番子供の為になると思います。

なのでこの時ばかりは

早く治す事に専念した方が
結果的には良いかもしれません。

では、

最後までご覧いただき、
ありがとうございました。