インフルエンザに
解熱剤のロキソニンは効かない?

って事について、

その解熱効果や
併用などについて、
いろいろまとめています。

スポンサードリンク

「ロキソニン」というのは
第一三共の商品名で
ロキソプロフェンというのが
正式な呼称なんだとか。

とはいっても

市販薬として売ってますし
処方の際も「ロキソニン」で

成分は同じですから、

普通に「ロキソニン」について
まとめて書いております。

インフルエンザに効かない?

さてさて、
解熱鎮静剤として
広く使われるロキソニン

解熱効果もさる事ながら
鎮痛作用が高いとされていて

インフルエンザと診断された患者に
処方される事もあるので
インフルエンザには効かない
という事はありません。

しかしながら、

熱を下げたり、
関節痛を和らげたりと
症状を抑える為の薬なので、

インフルエンザウイルスに
直接作用する薬ではありません。

なのでそういう意味では
インフルエンザに効かないと
言える事は言えるかと。

また、ロキソニンのみならず、

身体の水分が
失われている状態だったり、
身体の抵抗力が
とても強力になっている状態では

解熱剤自体が効きにくい事も
あるようなので、

そういった体の状態だった場合、

ロキソニンが効かない
って事もありえるようです。

なので、

インフルエンザでも
ロキソニンは効きますが、
身体の状態によっては
効きにくい事がある

っという結論です。

スポンサードリンク

ロキソニンの解熱効果は強力

さてさてロキソニンは
インフルエンザに効果があると
先ほどから書いていますので、

当然、解熱効果はあります。

やもすれば
ロキソニンの解熱効果は
とても強力です。

ゆえに、

妊娠中や授乳中の方、
15歳未満の子供、
高齢者の方は使用を避け

また、
心臓や肝臓などに疾患がある人は
自己判断で使わずに、
医師と相談してから使用して下さい。

あるいは、

診察してもらった時には
医師に疾患がある事を
ちゃんと伝えて下さいね。

このように、
ロキソニンは強力なので

むやみに使ってしまうと、
低体温になってしまい、
身体がウイルスと戦うのを
邪魔する事になって

結果的にインフルエンザの症状を
長引かせてしまう事もあります。

なので

処方された時は
よく用法や用量を確認して、
使用して下さいね。

そして

ロキソニンと他の薬の
併用に関してですが、

ロキソニンは
タミフルなどと併用しても
問題ないとされています。

しかし、

これは成人した大人で
尚且つ持病だったり、
体の疾患が無い人の場合です。

先ほども書きましたが、

15歳未満の人や
高齢者や疾患のある人は
薬の併用うんぬん
ロキソニンの使用は避けて下さい。

まあそもそも

そういった人には
ロキソニンは処方されず、

また、解熱剤にはロキソニンよりも、

カロナールなど
アセトアミノフェンが配合された
解熱剤を処方する医師の方が
多いようです。

最後に

いろいろと書いてきましたが、

ロキソニンは解熱剤の中でも
強力な部類に入る感じですよね。

ゆえに、

用法を間違えると
恐ろしい事になります。

なのでまあつまるところは、

インフルエンザになった場合、
市販のモノも含めて
ロキソニンは使わ無い方が
無難なのかもしれません。

インフルエンザ脳症との
関係が無いとは
ハッキリ解ってないようですし。

では、

最後までご覧いただき、
ありがとうございました。