インフルエンザとバファリンの
飲み合わせだとか、

また、
そういった頭痛薬と予防接種の
関係などについて、

今回はまとめています。

スポンサードリンク

「バファリンの半分は
優しさできている」
っというCMがウケて

認知度も高いお薬ですよね。

優しさの正体は
「胃に優しい成分」
だとの噂ですが

今回はその優しさを
検証するのではなくて、

インフルエンザとの
関係について
まとめております。

インフルエンザとバファリン

さてさて、
ある意味で優しさが売りの
このお薬ですが、

ことインフルエンザが絡むと
優しくはないようです。

インフルエンザの場合
バファリンを使用しては
ダメなようです。

バファリンには「アスピリン」
という成分が含まれており、

この「アスピリン」を
インフルエンザ時に使うと
重篤な症状を引き起こす確率が
高くなるとされています。

このアスピリンの副作用によって

  • アスピリン喘息
  • インフルエンザ脳症
  • ライ症候群

といったような
重い病気を引き起こす可能性が
高くなってしまうのだとか。

このように

アスピリンを含む解熱剤は
インフルエンザの場合
使用を避けるようにして下さい。

特に15歳以下の子供場合は
絶対に厳禁なんだとか。

ただし

大人用バフェリンでは無く
「小児用バファリン」なら
主成分が「アセトアミノフェン」なので
使用しても大丈夫だそうです。

とはいっても

インフルエンザの時には、
素人の判断だけで
市販の解熱剤や
頭痛薬を使用するのは
やはりNGだと思います。

病院で処方された解熱剤か

どうしても市販のモノに
頼る場合は、

アスピリンを含んでないモノで

アセトアミノフェンで出来ている
解熱剤や頭痛薬を
使用するようにして下さい。

また、
子供は避けた方が良いですが、

成人した大人の場合で
腎臓などに
特に疾患の無い人ならば、

「イブプロフェン」という
成分のモノでも大丈夫みたいです。

スポンサードリンク

予防接種と頭痛薬

インフルエンザの時は

成分をちゃんと確認せずに
安易に解熱剤や
頭痛薬を使うのは危険

っとわかった所で

次に気になって来るのが
予防接種を受けた時ですよね。

まだインフルエンザに
感染していない状態とはいえど

そしてまた、

毒性を無くしたとはいえ
インフルエンザを体内へと
注射する訳ですから、

薬の飲み合わせに慎重になり
不安を抱える方もいると思います。

しかし、

インフルエンザ予防接種では、
特に飲んではいけない薬は無く、
危険な飲み合わせは無いので
市販の頭痛薬を使用しても
問題は無いようです。

ただし!

薬を飲む「状況」によっては
注意が必要になってきます。

頭痛や鼻水、咳といった
風邪っぽい症状が出てきたので
薬を飲みたいと思った場合は、

それが予防接種の副作用なのか、

それとも
実際に感染してしまったのか

といった所で注意が必要です。

なので、一番確実なのは
自分の独断での使用は避け、

病院で診察を受けて
使用するかどうかを医師に
相談するのが確実です。

まあ飲まないに
越したことはありませんが、

どうしてもって場合は、

先ほどのように、
アスピリンを含む薬は避けて
アセトアミノフェンの成分のモノを
飲むのが賢明だと思います。

最後に

「バファリンに気を付ける」
って事もそうですが、

つまる所は、
「アスピリンに気を付ける」
っという感じです。

なので、

たとえバファリン以外の薬でも
成分をよく確認してから、
使用する事を強くおススメします。

では、

最後までご覧いただき、
ありがとうございました。