インフルエンザ罹患時には、
使用禁忌とされてる

「ボルタレン」

そして今回は
その座薬タイプついても
まとめております。

スポンサードリンク

ボルタレンは通常、
リウマチや手術後の鎮痛剤として
処方されるもので

「痛み止め」のイメージが強く

風邪の様な症状の時に
処方される事はあまり無いそうです。

インフルエンザにボルタレンは禁忌

15歳未満の子供の場合

厚生労働省の発表でも、
ボルタレンのメーカーである
ノバルティスファーマ株式会社でも

インフルエンザ時には
ボルタレンの使用は禁忌
つまり、
飲んではいけない事が
明確に指示されています。

しかし、
成人した大人の場合でも

インフルエンザ時には、
ボルタレンは使用禁忌との事。

ボルタレンは
「ジクロフェナクナトリウム」という
いわゆる「NSAID」
(非ステロイド系抗炎症剤)の
一種を使っている薬で

その成分が、

インフルエンザ脳症や
ライ症候群のリスクを高めるとして
使用が禁止されています。

つまり、インフルエンザ時には
最も使用してはいけない薬。

とはいっても、

「実際に飲んでしまった・・・」
って人も
ネットでは見かけます。

その人がその後どうなったのかを
知る術はありませんが、

インフルエンザが
流行する時期だけでも
風邪っぽい症状が出た時は、

ボルタレンだけは飲まない方が
やはり賢明ですよね。

スポンサードリンク

座薬タイプの「ボルタレンサポ」もNG

解熱剤といったら
座薬を浮かべる方も
中にはいると思われます。

そしてボルタレンには、

錠剤のタイプもあれば
座薬の「ボルタレンサポ」
という商品もあります。

しかし、

この座薬のボルタレンにも
インフルエンザに禁忌の成分
非ステロイド系抗炎症剤の一種
「ジクロフェナクナトリウム」が
入っているので使用しないで下さい。

インフルエンザの場合

解熱剤として使用する際の
安全が確認されているモノは
「アセトアミノフェン」と
「イブプロフェン」です。

そしてアセトアミノフェンが
子供にも使えて
最も安全性が高いとされていますので

つまるところ、

「アセトアミノフェン」成分以外の、
解熱鎮痛成分は使わない方が良い

という結論です。

ちなみに代表的な
アセトアミノフェンの解熱剤は
「カロナール」です。

最後に

禁忌だ禁忌だと
ここまでさんざん言いましたが、

ボルタレンなどの「NSAID」成分の薬は

インフルエンザに禁忌ではなくて
インフルエンザ”脳症”に禁忌と
言っている人もいます。

確かに文献を見てみると

ボルタレンが禁忌とされているのは
「インフルエンザ脳症・脳炎」で

季節性インフルエンザ、
あるいは新型インフルエンザで
使用禁忌なのは
「15歳未満の子供」とされています。

つまり厳密に言えば
「大人だったら大丈夫」
とも言えますよね。

でもこの辺に関しては
かなり意見が分かれているようで、

実際子供の場合には
インフルエンザ脳症やライ症候群の
リスクが高まっているので
大人でもリスクが高まる

っとしている人もいれば

大人だったら大丈夫と
している人もいるようです。

明確に因果関係が
証明されていないがゆえに
こういった意見の対立が
起こっていますが、

結局の所は、

そもそも飲まなければ大丈夫で
リスクを冒してまで
ボルタレン等を飲む必要も無く

解熱剤に頼らざるをえないのなら

アセトアミノフェン系の
解熱鎮痛剤で対応するのが
賢明だと思います。

まあ飲んでしまった人は
もうしょうがないのですが、

その後順調に回復したのであれば

「なんだ大丈夫じゃん」と
思って油断してしまうよりかは

「たまたま大丈夫だった」と
救われた思っていた方が
いいかもしれません。

では、

最後までご覧いただき、
ありがとうございました。