インフルエンザに罹った時に
「禁忌」とされている

「アスピリン」というお薬。

とはいっても
大人でも大丈夫なのかとか、
飲んでしまったとか
そういった事について

まとめています。

スポンサードリンク

怖いですよね。

インフルエンザ脳症、
ライ症候群などの
重い病気を引き起こす
原因となってしまう
この飲み合わせ。

こういった事を知らずに、
飲んでしまって
後から知った時とかはもう

恐怖と不安で
眠れない位の感じです。

そういった事を防ぐ為にも、

このような禁忌に関する情報を
網羅的に理解して、
何となく知っておくだけでも

何かと役に立つと思います。

アスピリンは大人でも大丈夫?

さてさて、

インフルエンザ時には
飲んではいけない薬として
挙げられている

「アスピリン」

別名「アセチルサリチル酸」といい、

薬の箱には「アスピリン」ではなくて、
この「アセチルサリチル酸」と
書かれている事もあり、

そして「サリチルアミド」と
表記されている事もあります。

また、よく混同される
「ピリン系」とは違うモノなので
「ピリン系ではありません」
っと書かれている事もあるようです。

(ちなみにピリン系の薬は
インフルエンザ時には禁忌ですから
絶対に飲まないでください。)

さてさて

そんなアスピリンもとい、
アセチルサリチル酸を
インフルエンザになった時は
飲んではいけない

とされていますが、

15歳未満の場合だとか
幼児の場合は特にダメ

みたいに聞いた事があって、

「じゃあ大人だったら、
大丈夫なの?」
という疑問も浮かびます。

そこで調べてみましたが、

インフルエンザに感染した大人の場合
アスピリンでインフルエンザ脳症などに
なってしまう事は稀だとは言われています。

アスピリンを含む
解熱剤を使用した時に

ライ症候群などの
重症になってしまうのは
圧倒的に幼児期の場合だそうで、

ゆえに、

アスピリンの投与が
禁止されているのは
「15歳未満」の患者です。

成人(大人)の場合には
ライ症候群になってしまう事は
非常にまれな事なので、
投与してはいけないとはなっておらず、

医師の判断によって

アスピリン系の解熱鎮痛剤を
使用する必要があると判断した時には
投与される事もあるのだとか。

しかし、

非常に稀であるとは言え、
大人だったらライ症候群になる
可能性が0%という事でも無いので、

処方される事は少ない無いようです。

処方される解熱剤のほとんどは
インフルエンザ時に
解熱剤として安全と言われている
「アセトアミノフェン」系の薬。

なので、

リスクといいますか
可能性という点で見た場合は

子供に限らず、
大人だったとしても
アスピリン系のモノは使用せずに、
アセトアミノフェンの薬を
使用した方が無難です!

また、

お医者さんですら
処方する事は非常に稀なので

大人とはいえ「バファリン」など
アスピリン(アセチルサリチル酸)が
使われているような市販薬を
自己判断で飲むのは止めましょう!

安易な判断は重大な病気を引き起こし、
最悪の場合は命に関わりますから、

間違えないようにしてください。

スポンサードリンク

最後に

アスピリンを含む解熱鎮痛剤で
広く知られているのは

「バファリン」

バファリンには
アセチルサリチル酸(アスピリン)と
アセトアミノフェンの両方が
含まれているモノもありますが、

とにもかくにも

アセチルサリチル酸(アスピリン)が
含まれている時点で
子供にはアウトなので

「アセトアミノフェン」という項の
表記だけで判断せず
他の成分も全てしっかりと
確認するようにして下さい。

また、

バファリンには
「イブプロフェン」という
これまたインフルエンザには
好ましくない成分が入っているので

大雑把にいえば
インフルエンザの時には
バファリンは避けると

思っていればいいかと思います。

では、
最後までご覧いただき、
ありがとうございました。