今回の内容は、

インフルエンザになった時の、
タブーな薬の飲み合わせ
などについてだったり、

クラリスやフロモックスといった
「抗生物質」がなぜ処方されるのか?

みたいな情報をまとめています。

スポンサードリンク

インフルエンザの時は
薬の飲み合わせには
とても神経質になりますよね。

そんな中で、

今回は抗生物質にスポットを当て
まとめていきたいと思います。

そして、初めに言っておきますが、

こういった抗生物質と
タミフルなどの
「抗インフルエンザ薬」は
同時に処方される事もあります。

なので、

クラリスもフロモックスも
インフルエンザ時の
飲み合わせとしては大丈夫で、
問題ありません。

ではどうして、
抗生物質が処方されるのかを
見ていきましょう。

インフルエンザとクラリス

医院に行き、症状によっては、
抗インフルエンザ薬と共に
抗生物質が処方される
といった場合もあるようです。

そんな中で、

インフルエンザ薬と共に
処方されるのが「クラリス」という
マクロライド系抗生物質。

同じ成分で
「クラリスロマイシン」
「クラリシッド」といった
名称が違う薬もあります。

さて、

クラリスなどの抗生物質は
インフルエンザウイルスに対して
直接作用しないのですが、

「身体の免疫を強くし
抗体作りを助ける」

といった働きがあるようです。

抗インフルエンザ薬は
ウイルスの増殖を抑えるのに対し

クラリスは
「ウイルス感染を抑える」
という感じの働きです。

また、

タミフルなどが
ウイルスの増殖を抑える事で、
身体の状態によっては
十分な抗体が出来る前に
ウイルスを倒す事が出来ます。

素早く倒してしまった事で、

本来得られたはずの抗体が
幸か不幸か出来なかった為に
翌年も罹ってしまう
といった事もあります。

そのような事態を
出来るだけ招かない為に

ウイルスを素早くやつけながらも
クラリスの働きによって
抗体作りのスピードを速めて、
十分な抗体を作り、

翌年からの
インフルエンザ流行に備える
という使い方をする事もあるようです。

なのでとにもかくにも

ウイルスに直接作用する訳ではないものの
上記のようなその他の働きを期待して、
処方される場合があるます。

しかし、

その時の症状だったり
医師の治療方針にもよるので

全てが全てクラリスが処方される
って訳では無い事も
頭に入れて置いて下さい。

スポンサードリンク

インフルエンザとフロモックス

さてさて、
次なるお薬の話題は
セフェム系の第3世代の抗生物質

「フロモックス」

このフロモックスも
インフルエンザの時には
処方される事もあるようです。

こちらもインフルエンザウイルスに
直接作用はしませんが、

細菌の感染を抑える働きがあり、
つまり「合併症」を防ぐ為に
処方される事があります。

なのでまあぶっちゃけ、
フロモックスでも

先ほどのクラリスの時と
同じような効果を期待して
処方される事があるようです。

まとめ

抗生物質の
クラリスとフロモックスについて
いろいろ書いてきました。

つまるところ

これらの薬の働きは、
「細菌の感染を抑える」
という点です。

インフルエンザになると、
身体の免疫が弱ってしまうので

そこにまた細菌が入って
感染してしまう
いわゆる「二次感染」が起きます。

そうなってしまうと、

肺炎など、いわゆる「合併症」を
さらに患ってしまいます。

そうならない為に、

こういった二次感染予防、
ひいては合併症を防ぐ目的として
抗生物質が処方されます。

なので

二次感染のリスクが高い人は
比較的処方されるようです。

では、
最後までご覧いただき、
ありがとうございました。