今回はインフルエンザ時における
特効薬が効く時間や

風邪薬でも効果が得られるのか?
あるいは風邪薬を飲んでも
大丈夫なのか?

といった薬に関する事柄を
まとめています。

スポンサードリンク

ここで言う
「インフルエンザ特効薬」は

いわゆる「抗インフルエンザ薬」で、
タミフル
イナビル
リレンザ
ラピアクタ

これら4つを指しています。

インフルエンザ特効薬と時間

さてさて、
「特効薬」と謳っているからには、
当然インフルエンザに対しては
抜群の効果を発揮します。

しかし、
その抜群の効果を得る為にも、

インフルエンザ特効薬は
発症から48時間以内の服用が
望ましいとされています。

なぜ48時間以内の服用が
良いのかと言いますと、

こういった抗インフルエンザ薬は

ウイルス自体を倒すのではなく
増殖を抑える薬で、

インフルエンザウイルスは
体内に入ってから48時間で
増殖のピーク(最大量)になる
っと言われています。

従って、

ピークになる前に、
出来るだけ早い段階で
特効薬を飲む事によって、

ウイルスの増殖を抑え、

症状を和らげたり、
早期回復が見込めます。

なので、特効薬は
48時間以内の服用が
望ましいとされています。

とはいっても、

48時間以上経ってしまうと
全く意味が無いのか?
って疑問もわいてきますよね。

結論としては、

飲まないより飲んだ方が良い
っという感じで、

特効薬は発症から
48時間以上経っていても
飲むに越した事はありません。

先ほどもいった通り、

ウイルスの増殖を抑える薬なので、
ピークを過ぎてから飲んでも、
意味が無いと思いますし、

実際の所、
効果はあまり期待できません。

しかし、

48時間というのは
あくまで一般的な場合であって、
個人によって増殖スピードが異なり、

40時間ぐらいで
ピークになる人もいれば
50時間ぐらいで
ピークになる人もいます。

つまり、

人によっては
48時間以上経っていても
特効薬に期待した通りの効果が
得られる場合もあります。

なので、

特効薬を飲む時間は
早ければ早い方が良いですが、

遅かったとしても
処方されたのであれば
飲まないよりは飲んだほうが有益です。

「諦めないで!」
っという感じでしょうかね。

スポンサードリンク

風邪薬でも大丈夫?

さてさて、
自分がインフルエンザかどうかが
よくわからない時

あるいは
本当はインフルエンザだけど
風邪だと思っている時、

今現れている症状を
なんとかしたいと思って
市販の風邪薬を飲んでやろうと
思う人もいるかと思います。

しかし、

インフルエンザには
危険な飲み合わせといいますか
非常に相性の悪い風邪薬があるので
気を付けて下さい。

「飲んではいけない」と
されている風邪薬は

バファリンなどに含まれる
「アスピリン」
(アセチルサリチル酸)
や、

ボルタレンなどに含まれる
「ジクロフェナクナトリウム」
(非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs))

他にも
「メフェナム酸」
「リチルアミド」

また、イブなどに含まれる
「イブプロフェン」も
あまり好ましくは無いようです。

これらの成分が入った風邪薬
あるいは解熱鎮痛剤は

主に15歳未満の子供の場合

ライ症候群といった
重篤な病気を引き起こしてしまう
可能性があります。

つまり子供の場合は
絶対に使用を避けて下さい。

とはいっても

成人以上の大人でも
重い病気になってしまう可能性は
0%ではありません。


なので、とにもかくにも

罹患時はもちろん、
はっきりとわからなくても
インフルエンザかも?
っと疑われる時は

市販の風邪薬は使用しない方が
やはり賢明ですし、安心です。

でもでも、

どうしてもという場合には、
「アセトアミノフェン」
っという成分の風邪薬だと
安全なようです。

注意としては

アセトアミノフェンだけが
入っている風邪薬を選んで下さい。

アセトアミノフェンと一緒に
アスピリンなどが含まれていると
その時点でアウトなので

使用する際には、
全ての成分をまんべんなく確認してから
飲むようにして下さい。

ちなみにですが、

風邪薬では
インフルエンザは治りません。

そして風邪薬のみならず、

特効薬や解熱剤など、
薬による治療は
あくまで補助的なモノで、

治すのは自己治癒のみ、
つまり己の回復力だけです。

なのでインフルの時は、

水分補給を忘れずに、
栄養をしっかり摂って安静にし、
早期回復に努めて下さい。

最後に

風邪だと思って
安易に市販の薬を飲む事が
一番怖いと思うので

特に季節性が流行する
12月~2月の間は
風邪かインフルエンザかの
症状をよく見極めて、

薬を飲む際にも
成分をしっかり確認してから
飲むようにする事が

やはり賢明だと思います。

では、
最後までご覧いただき、
ありがとうございました。