インフルエンザ罹患時において
「使用禁忌」とされている
解熱鎮痛剤の種類や
情報をまとめています。

そしてまた、

解熱後の過ごし方についても
書いております。

スポンサードリンク

インフルエンザになった時には
「使用不可(禁忌)」
とされている解熱鎮痛剤があり、

何も知らずに服用していた

なんて事があろうものなら
とても怖いですよね。

そんな危険を無くす為にも

今回の内容は
軽くでも知っておいた方が
良い情報だと思います。

また、

そういった事をまとめていますので
メモ的な活用方法としても
今回の内容を参考にして下さいませ。

禁忌な解熱鎮痛剤

インフルエンザの時に飲んでしまうと
ライ症候群などの
重い病気を引き起こす原因に
なってしまう恐れがあるとして、

インフルエンザ解熱鎮痛剤で
禁忌とされているのは
以下の薬(成分)です。

  • ジクロフェナクナトリウム
  • メフェナム酸
  • イブプロフェン
  • アスピリン・サリチルアミド
    (アセチルサリチル酸)
  • ロキソプロフェン
    (プロピオン酸系)
  • イソプロピルアンチピリン
    (ピリン系)

などいった成分で、

「NSAIDs」と呼ばれる
「非ステロイド性消炎鎮痛剤」が、

インフルエンザに禁忌とされている
解熱鎮痛剤です。

こういった成分は
「ボルタレン」「ポンタール」
「イブ」「バファリン」
「ロキソニン」などに
含まれています。

そしてこれらは特に、

15歳未満の子供さんには、
使用禁止となっているので、

お気を付け下さい。

成人を過ぎている大人の場合は

基本的には大丈夫と
されているものもありますが、

インフルエンザ脳症やライ症候群を
引き起こしてしまう可能性が
0%という訳でもないので

やはり飲まない方が良いです。

インフルエンザの時に
一番安全なのは
「アセトアミノフェン系」の
成分で出来ている物で、

「カロナール」が
インフルエンザにおける
安全な解熱鎮痛剤の代表的です。

逆に言えば、

インフルエンザの時に飲んでいいのは
「アセトアミノフェン単一の薬だけ」
っといえます。

しかしカロナールは
市販薬ではありません。

カロナールに似た市販の薬では
「タイレノール」という商品があって、
これならばインフルエンザの時でも
使っていいとされています。

とはいっても、

インフルエンザの場合には
安易に市販薬に頼らずに、

医師から処方された薬を

「用法と容量を守って」飲むのが
やはり安全だと思います。

スポンサードリンク

解熱後の過ごし方

さてさて、
解熱剤を使って熱を下げた場合には、
また再び熱が上がってくる事が
ほとんどですので、

その際にはまた、
高熱としっかり戦って
熱を下げて欲しいと思います。

ここからは、普通にといいますか、

薬で無理やり下げたのでは無く
自己治癒力によって熱を下げた時の
解熱後の過ごし方を書いています。

さて、

辛い症状のピークも過ぎ、
元気になった場合、

布団の上で寝ているだけでは
暇に感じてしまい、
軽く活動的になる人も
中にはいるかと思われますが、

熱が下がっても体の中には
まだウィルスが残っています。

また、

体の免疫力(抵抗力)も万全ではなく、
まだ弱っている状態なので

再度感染する恐れもありますし、
そしてまた、
続けて風邪をひかない為にも、

解熱後も家の中で
安静にして過ごして下さい。

感染力がある期間もとい、
完治の目安としては、
出席停止期間が
「解熱後2日」となっているので

その決まりに則り、

解熱後3日ほど経てば
とりあえずは大丈夫だと
考えて良いと思います

そしてまた、

解熱後の過ごし方としては
消化の良いモノを食べて下さい。

先ほども言いましたが、

自分の気持ち、気分的には元気でも、
身体は戦いを終えた後なので、
まだ弱っている状態です。

なので、

元気になったからと
モリモリむしゃむしゃバクバクと
こってりしたモノを食べると
身体に負担がかかってしまうので、

こちらも解熱後2日間ぐらいは

消化の良いものを食べて
身体への負担をかけないように
気を付けて下さい。

まとめ

という事で、

インフルエンザの時に
「禁忌」とされている成分と
その解熱鎮痛剤の商品。

そして、

解熱後の過ごし方について
まとめて来ました。

つまるところは、

アセトアミノフェン系の
安全な解熱剤を使用し、

症状も良くなって
元気になった解熱後は

まだ2日間ほどは
感染力が残っていて
身体も弱っているので、

安静に過ごして、
消化の良いものを食べて過ごす。

っという感じでした。

辛い症状に襲われる
やっかいなインフルエンザですが
基本的には2~3日頑張れば
ピークも過ぎると思いますので、

ひたすら耐え忍んで下さい。

では、
最後までご覧いただき、
ありがとうございました。