インフルエンザによる
高熱を下げる為に、

治療として「座薬」を
使おうかと考えている人も
いるかもしれません。

ここではそんな時に
浮かんでくる疑問を中心に

効かないのか効くのかの効果や
子供や幼児には禁忌で
脳症のリスクがあるのか?

など、いろいろと情報を
まとめています。

スポンサードリンク

インフルエンザの高熱による
苦しみを抑える為にも
解熱鎮痛剤や座薬を使う人も
いると思いますが、

解熱剤と同様に
使っていはいけない座薬が
中にはありますので

ご注意ください。

子供には禁忌で脳症のリスクも?

まず座薬であれ
あるいは解熱剤であれ

15歳未満の子供には
「アセトアミノフェン系」の
成分で出来た薬しか
使用不可となっています。


なので、

アセトアミノフェン以外の
座薬や解熱剤は
特に幼児や子供の場合、
インフルエンザ脳症との関連が
あるとされているので使用禁忌です。

アセトアミノフェンで出来ていて、

子供でも使える座薬は

  • アンヒバ座薬
  • アルピニー座薬
  • パラセタ座薬
  • カロナール

また、

イブプロフェンという成分も
安全とされていて、
商品としては「ユニプロン座薬」も
使ってよいとされていますが、

一番安全なのは
アセトアミノフェンなので

出来るだけ
アセトアミノフェンの
薬を使用して下さい。

使用禁忌なのは
ジクロフェナクナトリウム
という成分が入っている
「ボルタレン」や

解熱剤では
アセチルサリチル酸
(アスピリン)が入っている
「バファリン」などです。

ですがまあ使用禁忌の
座薬や解熱剤を覚えるよりも

「アセトアミノフェン以外は使用不可」
と覚えていた方が楽ですし
確実だと思います。

スポンサードリンク

インフルエンザに座薬では熱に効かない?

アセトアミノフェン系
以外の座薬は

インフルエンザ脳症との
関連性がある可能性があるとして
使用禁忌と分った所で、

安全な座薬をいざ使用する際、
ポイントとしては、

出来るだけ使用前に
排便を済ませる事、

肩のどちらかを下にして
身体を横向きにする事

そして、薬は
第一関節ぐらいまで入れます。

座薬を使用した後
最大効果を発揮するのは
一般的に2時間後ぐらいです。

しかし、

熱の勢いに座薬が負けてしまい、
座薬が効かない場合もあるようです。

そんな時は

水分を補給しながら、
頭や脇の下など冷やして
対応すると良いみたいです。

また、ならべく使用しない事が
望ましいですが、

次の座薬を使う場合は
8時間以上間隔を空けて
使用して下さいとの事です。

最後に

「熱が39℃になったから」
という理由で、すぐに
座薬や解熱剤を使うのは
やはり考え物です。

熱があるのは
ウイルスと戦っている証拠なので、

それをすぐに薬で熱を下げて、
邪魔をしてしまっては
元も子もありません。

子供が高熱で
かなり不機嫌な時や

満足に寝られないといった、

ここぞという時にのみ
座薬や解熱剤を使用するのが
良い使い方だそうです。

安易に薬を使うと
逆に症状が長引いたりするので

ある程度は辛いのを我慢し、

地道にウイルスと戦っていくのが
結局は早く治る事に
繋がっているのかもしれません。

では、
最後までご覧いただき、
ありがとうございました。