インフルエンザになった時に、
ナイーブになる薬の飲み合わせ

今回は市販の風邪薬、
「パブロン」と「ルル」に
スポットを当てて、

まとめてみました。

スポンサードリンク

今回の内容は
「効いたよね、早めのパブロン」
「熱喉鼻に、ルルが効く」

という
キャッチフレーズでお馴染みの
この市販の風邪薬と
インフルエンザの飲み合わせを
まとめていきます。

インフルエンザとパブロン

まずは大正製薬の
「パブロンシリーズ」について
ひも解いて行きます。

まず、
インフルエンザの時に
飲んでも良いとされている
風邪薬(解熱鎮痛剤)の成分は
「アセトアミノフェン」

そして、

「家族みんなで飲める」
っと宣伝している

「パブロンSゴールド」などは
アセトアミノフェンで出来ているので
インフルエンザでも
大丈夫だと思われます。

ただし、年齢については

「8歳から飲める」とされているので
子供でも飲めるとはいえ、
使用年齢は注意して下さい。

そしてまた、

15歳未満の子供には
あまり推奨されていませんが、
成人を過ぎた大人の場合、
飲んでも大丈夫とされているのが

「イブプロフェン」
っという成分で出来ている
風邪薬(解熱鎮痛剤)

「大人用」とされている
「パブロンエースAX」などは
イブプロフェンで出来ているので
大人の場合は
飲んでも大丈夫だと思われます。

ちなみにこちらも

年齢に関して
「15歳以上専用」と
なっていますので、
子供への使用は避けて下さい。

スポンサードリンク

インフルエンザとルル

続きまして、
第一三共ヘルスケアさんの
風邪薬についてです。

ルルには

「ルルA」のシリーズと
「ルルアタック」シリーズの
2つありますが、

ルルAシリーズは
アセトアミノフェンで
出来ているので
インフルエンザの時でも
飲んでも大丈夫と思われます。

そして、症状別に
飲むと効果的とされている

ルルアタックシリーズですが、

発熱・さむけの
赤い箱「ルルアタックFX」は
「アセトアミノフェン」

のどの痛みの
青い箱「ルルアタックEX」は
「イブプロフェン」

鼻水・鼻づまりの
緑の箱「ルルアタックNX」は
「イブプロフェン」

といった成分でしたので、

ルルアタックシリーズでも
インフルエンザの場合は
大丈夫と思われますが、

青の「ルルアタックEX」
緑の「ルルアタックNX」は

成分が「イブプロフェン」なので
15歳未満の子供は
避けた方が賢明だと思います。

まとめ

インフルエンザの時には

子供でも大丈夫と思われるのが
「アセトアミノフェン」が
主成分となっている

・パブロンSゴールド
・ルルAシリーズ
・ルルアタックFX

そして上記に加え、

成人を過ぎた大人の場合に
大丈夫だと思われるのが
「イブプロフェン」が
主成分となっている

・パブロンエースAX
・ルルアタックEX
・ルルアタックNX

という事でした。

しかし、
そもそも間違ってはいけませんが、

使用可能とはいえ
これらはあくまで風邪薬なので
インフルエンザに効く訳ではなく

また、インフルエンザを
撃退する訳でもありません。

あくまで症状を抑えてくれる
かもしれない程度の事で、
根本的な治療にはならない事は
忘れないようにして下さい。

では、
最後までご覧いただき、
ありがとうございました。