インフルエンザと診断され、
処方された薬が
「コカール」と「リレンザ」
だった場合には、

用法の注意などがあるのか?
という事などついて、
まとめてみました。

スポンサードリンク

今回の内容は、
インフルエンザと診断され
処方された薬についての
話題となっております。

コカールとリレンザ

まずリレンザは
「抗インフルエンザ薬」で
ウイルスの増殖を抑える薬です。

一般的に広く処方され、
認知度も高いタミフルとの違いは、

錠剤を飲むのではなく、
粉薬を吸い込むという使い方で

気道上で増殖する
インフルエンザウイルスに
直接働くのだとか。

しかし吸い込む薬の為

喘息や呼吸器系の疾患がある人には
注意が必要とされています。

そしてリレンザは、

5歳以上からの使用が
認められていて、

耐性をもった
ウイルスの出現もまだ無く、
タミフルに変わって
注目を浴びつつあります。

では続きまして、

コカールは
インフルエンザ時でも飲める
安全な解熱剤です。

インフルエンザには
「アセトアミノフェン」
という成分で出来た

解熱鎮痛剤しか
使えないとされていて、

このコカールは
アセトアミノフェンで
出来ている解熱剤なので
使用可能という事です。

アセトアミノフェン系の解熱剤で
よく聞く「カロナール」とは
同じ成分で出来ているようでして、

カロナールとコカールの違いは
「ジェネリック」かどうか

ジェネリックといっても
さほど値段は変わらないようですが、
カロナールのジェネリックが
コカールという事です。

スポンサードリンク

使用上の注意は?

リレンザとコカールについて
ざざっと説明しましたが、

注意としては

厚生労働省が発表した
リレンザの副作用

リレンザ使用上の注意

この発表によれば

それまでは下痢などが
副作用の症状として言われていましが、

顔面蒼白、息苦しさ、胸苦しさ
などといった症状も
起こる事が発表されています。

~~~~~~~~~~~~~~~
<追記>
リレンザを服用していた
中学2年生が窓から
転落するという事態が
発生してしまいました。

薬との因果関係は不明ですが

副作用によって
異常行動を引き起こした可能性も
否定できません。
~~~~~~~~~~~~~~~

なのでとにもかくにも

リレンザを使用した後、
高熱で寝ている子供さんからは
絶対に目を離さないように
くれぐれも気を付けて下さい。

部屋を隔離している場合は

窓の鍵をテープなどで固定し、
簡単に開かないようにしておくなど
そういった対策も必要だと思います。

そして、コカールですが、

解熱剤なので、「頓服」として
処方される事が多い薬ですが、

作用が穏やかという事もあり、

患者の症状によっては
毎食後として処方する医師も
おられるのだとか。

ポイントは毎食”後”です。

コカールに限らずですが
内服薬を使用する際の
注意として、

空腹時での使用は
避けた方が良いという点です。

空腹状態で使用すると
薬によって胃が荒れたり、
あるいは副作用が
起きやすくなるそうです。

なので、

特に「頓服」として
使用する前には

何かを軽く食べてから
使用するようにした方が
良いようですね。

ちなみに頓服としての
コカールの効果は

2~6時間ぐらいで、

1回使用しても
熱が下がらないので
2回目を使おうと思う場合には

服用する間隔は
「6時間」ほど開けて
使用するようにして下さい。

という事です。

最後に

今回はリレンザとコカール

という風にピンポイントで
取り上げてみました。

用法の注意では

特にコカールに限らず
「解熱剤」という
広い視点で捉えても
使えると思いますので

何となくでも
知っておけばいいかと思います。

では、
最後までご覧いただき、
ありがとうございました。