今回の内容は
インフルエンザの診断

症状をチェックして
見分けにくい風邪との違いを
見て行きたいと思います。

また検査キットは
市販のモノは売っているのか?
っという事についても
ふれてみました。

スポンサードリンク

特に流行する冬には
永遠のテーマといいますか
命題といっても過言ではない

風邪とインフルエンザの
見分け方です。

インフルエンザ診断!症状は?

ではでは早速ですが、
セルフ診断と行きましょう。

以下の症状がある場合には
インフルエンザの可能性が高いと
診断できます。

  1. 38℃以上の高熱が急に出た
  2. 全身のだるさ、
    全身の筋肉痛や関節痛がある
  3. 周囲でインフルエンザが
    流行っている

これらの3点が主な
見分けるポイントのようで、
「高熱」と「全身症状」の有無が
着目すべき点です。

一方で風邪の場合は

熱は無いか微熱
喉が痛い
鼻水が出る

といったように
局所的な感じです。

とはいっても
風邪を引く時の症状って
大体は自分のパターン
みたいなのがあると思うので

「なんかいつもの風邪と違う」

っと感じた場合には、
インフルエンザを疑った方が
良いと思われます。

そして、セルフ診断で
インフルエンザだと思った際には

病院へ行って
検査を受けると思いますが、

なんとですね、

インフルエンザの検査は
診断のタイミングによっては
外れる事があるようです。

つまり本当はインフルなのに

タイミングが早いがゆえに
陰性と判断される
と言った事もあり得ます。

その可能性を下げる為にも

インフルエンザの診断に
適切なタイミングとしては
「発症後12~24時間以上」
が良いとされています。

つまり

「インフルエンザかな?」
っと思ってから

半日から1日以上経過した状態が
一番検査に適している頃合い
といった感じです。

まあ検査で陰性だったとしても

こういった状況も踏まえて
インフルエンザだと判断し、

抗インフルエンザ薬を処方するなど
然るべき治療をする医師も
いるそうなので

検査結果が全て
と言う訳でも無いようです。

スポンサードリンク

市販の診断キットはあるの?

という事で
セルフチェックは3項目と
非常に簡単にしましたが

やはりインフルエンザの
診断キットなるモノがあれば
それが一番便利で確実と
考える人もいると思いますので

市販のキットがあるのかどうかを
調べてみましたけれども、

やはりインフルエンザの
診断キットで
市販されている物はありません。

まあ素人が自分でするよりも

専門的な知識を持った人が
ちゃんと行うのが
一番確実だと思いますから

今後も診断キットが
市販されるのかどうか
一般販売される日が
来るかと言えば

可能性はかなり低いと
僕は思います。

なので

インフルエンザかどうかを
セルフチェックをして
自分の判断でも
その疑いがあるならば、

然るべきタイミングを
見計らってから病院へ行き、

検査をして下さい。

最後に

仮に診断キットなる商品が
市販開始された時には
やはり悪用する人が多くなると
僕的には思います。

集団で使用して
学級閉鎖をもくろんだり、

仕事をさぼったり。

まあどうやって
陽性を出すのかってのも
問題ですけど、

ネットオークションなどで
個人でも簡単に売買できますから、

実際の患者が
陽性反応の出たキットを
販売するという事が
考えられますよね。

まあそんな人が
この世の中にいた場合には
人間不信レベルで
絶望しちゃいますけどね。

ってまあ一般販売は
今後もされないでしょうから

何を言っても空論ですが。

では、
最後までご覧いただき、
ありがとうございました。