ノロウイルスの
感染原因の食材として
真っ先に挙げられるのが
「牡蠣」ですよね。

そんな牡蠣に当たる確率や

そしてまた、二枚貝など
なぜこういった貝類が
ウイルスを持っているのか?

その理由などを
まとめております。

スポンサードリンク

冬の季節に旬を迎え、
そしてお鍋の定番としても
人気な食材が、

誤った料理法をしてしまうと

恐ろしい事態を
招いてしまうこの怖さ。

牡蠣が原因となる理由

まずはなぜ
牡蠣などの二枚貝の類は、
増殖型爆弾を抱えているのかと
その原因について書いて行きます。

さて、

牡蠣や二枚貝などは
プランクトンを餌として
生きているのですが、

そのプランクトンを食べる際に、

プランクトンを含んだ海水ごと
食べるそうです。

そしてその海水の中に
ノロウイルスが含まれていると

餌と同時にウイルスも
食べる事になり、
蓄積されていきます。

つまり

牡蠣がノロウイルスを
持っている理由は
プランクトンと同時に
ノロウイルスも食べているから。

という事になります。

また、同様の方法で
プランクトンを餌としていて、
海水ごと食べるのが
「二枚貝」です。

ゆえに
「二枚貝類も危ない」と
聞きますよね。

まあでも

牡蠣が悪いってよりは
ノロウイルスを含んでいる
海水が悪いって感じです。

でもそもそもは

感染した人間の排泄物が
下水処理はされているものの
ウイルスは消えずに
海へ流れていって、

そのウイルスを含んだ
海水ごと餌を牡蠣が食べ、

そしてその牡蠣を人間が食べ

また人間が感染して
ノロウイルスを排泄して海へ

といった感じで

いわば「ノロウイルスの螺旋」が
形成されているので、
海水がノロウイルスを
含んでいる理由なようです。

ちなみに、

牡蠣はノロが入ってきても
病気にはならず、
また、ウイルスは増殖せずに、
蓄積だけされていくみたいです。

スポンサードリンク

ノロウイルスに当たる確率

さてさて、
こういった話を聞くと

もうすべての牡蠣が
ノロウイルスを宿していると
考えてもおかしくないですよね。

しかし

生ガキを食べたからといって
必ず感染する
という訳でもありません。

だからこそ
確率を気にするのですが、

僕としては気にするぐらいなら

ノロウイルスに当たるという
確率うんぬんの前に
生食は控えて
しっかりと加熱調理して
食べる事をおすすめします。

加熱の目安は
85℃以上で1分以上

あくまで目安なので
確実という訳では無いですが、

カキフライの場合は
4分以上揚げる

熱湯に入れた場合は
3分以上茹でる

なので、
お鍋に入れる時も
3分以上グツグツすれば

確率はかなり減るようです。

とはいっても
「どうしても私は
牡蠣を生で食べたい!」って人は

育てている環境が
安全を謳っているモノを
通販などで購入すれば
良いかと思います。

たとえばこういう奴↓
(楽天へ飛びます)

見て貰えれば分りますが、
「生で食べてもOK」
っと書いています。

こういったものを選ぶと
確実だと思います。

またちなみに、

牡蠣と共に気を付けたい
二枚貝類には
「あさり」や「しじみ」など
お馴染みの食材があります。

まあこれらを生で食べる機会は
ほぼ無いと思いますが、

加熱が不十分だと
ノロウイルスに
感染してしまう確率は
十分にありますので、

アサリの酒蒸しや
しじみの味噌汁などを作る際は
十分な加熱を心掛けて下さい。

そして実は「ホタテ」も
二枚貝なのですが、
お寿司屋さんなどでは
生で食べますよね。

しかし

ノロウイルスが
蓄積されている場所は
貝の内臓なので、

内臓をとり
貝柱だけを食べるような
ホタテは安全です。

でもでも、

バーベキューなどで
内臓丸ごとそのまま食べる時には
十分加熱してから
食べるようにして下さい。

最後に

しかしまあ

ノロウイルスは
加熱によってやっつけれるので
「ノロウイルスの螺旋」を
根絶するには

もういっそのこと法律で
10年ぐらい
「生でカキを食べるの禁止」
とかにしたら

この世界からノロウイルスは
なくなるのかもしれないと
思いました。

では、

最後までご覧いただき、
ありがとうございました。