インフルエンザの罹患時、
症状によっては
何科を受診すればいいのかを
少し迷ってしまいますよね。

そこで耳鼻科(耳鼻咽喉科)なのか
内科なのかをチェック。

スポンサードリンク

結論からいいますと、

インフルエンザ罹患時は
内科でも耳鼻科(耳鼻咽腔科)でも
どちらでもいいみたいです。

なのでまあ

かかりつけの医院が内科なら
内科へ行けばいいですし、

あるいは、
耳鼻科と内科の場合
自宅からは耳鼻科の方が近いから
耳鼻科へ行くとか、

そういう感じで
決めて良いと思います。

インフルエンザ罹患時はやはり内科?

とはいっても、
一般的に多くの場合は「内科」を
受診する人が多いようです。

骨折とか血が出てるなど
そういった外的な異常や不調、

身体の外側的な
目に見える症状の場合は
もちろん外科へ行くと思いますが、

「なんか調子悪い」とか

そういった身体の内側的な
目に見えない不調や異常の時は
やはり内科へ受診すると思います。

かくいうインフルエンザも

いわば身体の内側的な要素に
症状が出てる感じですから
内科へ行くのは
決して間違いではありません。

また、内科の場合は

インフルエンザ以外の
身体の中の不調も
発見できる可能性があるので

そういった事も考慮した場合

内科が最も無難
とも言えます。

そして、

インフルエンザの重症化が
起こりやすいとされる
いわゆるハイリスク患者は

特に「呼吸器内科」へ行くと
肺炎などの合併症も
発見できる可能性が高くなるので
より安心だと思います。

スポンサードリンク

耳鼻科(耳鼻咽喉科)はどうなの?

一方で耳鼻科ですが、

僕は近くが内科だった事もあり
内科の方が馴染みあるので

自分のイメージでは

耳鼻科では予防接種とか
検査とかはやってなさそうな
気がしていたのですが、

耳鼻科(耳鼻咽腔科)でも
インフルエンザの予防接種や
検査はしていますし、
もちろんインフルエンザ罹患時に
受診しても間違ってはいません。

人によっては
耳鼻科の方が馴染みがあり

インフルエンザでも
耳鼻科へ行くのが普通でしょと
思っている人もおられます。

高熱や全身の痛みが
インフルエンザの主な症状
ではあるものの、

局所的に見れば
耳鼻科の専門分野であろう
鼻水や喉の痛みといった
症状も出ますからね。

また、

耳鼻科へ行くメリットとして
インフルエンザなどの
ウイルスを持っている人が
来ている患者に少ない

っという事を
挙げている人がいました。

あくまで確率とか可能性です。

それに今でこそ
空気清浄機などがありますし、
そこまで大差はないと思いますが、

インフルエンザが疑われる時に
多くの人は内科の方へ行く傾向が高い

それはつまり、

内科はウイルスを持っている人
持っている可能性が高い人が
多く集まりやすい場所

っとも言えます。

なので、その裏をかいて
ウイルスを持っている可能性が低い
耳鼻科の方へ行くみたいな。

そういう感じです。

とはいっても
そういう考えの人が
たまたま多かった場合は
逆効果になりますが(+_+)

まとめ

っという事で、
なんだかんだ書いてきましたが、

インフルエンザっぽい時、
取りあえずは「内科」へ行く
という感じですかね。

しかし、

耳鼻科の方が近いとか
そういった場合には
耳鼻科へ行っても間違いではなく

逆にウイルス保有者が少ない
といったメリットも考えらえる

っという事でした。

そしてここまで読んでなお
内科か耳鼻科(耳鼻咽喉科)で
迷ってしまう方は

内科を受診して下さい。

では、
最後までご覧いただき、
ありがとうございました。