今回の内容は、
インフルエンザと
抗生物質についてです。

抗インフルエンザ薬と一緒に
抗生物質を処方される時だとか

また、現在何かの病気で
抗生物質を飲んでいる場合には
他の薬と併用した時の影響や
副作用的な事、

そして予防接種との関係なども
まとめています。

スポンサードリンク

インフルエンザの時に、

抗インフルエンザ薬と
抗生物質を処方された場合の、
その意味だったり、

効かないだとか、
併用の事だとか
予防接種との事だとか

いろいろまとめています。

インフルエンザと抗生物質で副作用は?

調子がおかしいので
医院へ行き、

「インフルエンザです」と
診断された時に、
薬を処方してもらうと思います。

そしてその中には、

抗生物質が処方されて
いる場合もあるのだとか。

では何故、フロモックスや
クラリスといった
抗生物質が処方されるのか?

っと言いますと、

「インフルエンザによる
2次細菌感染を防ぐため」です。

インフルエンザによって
身体の免疫力は
低下させられてしまいます。

つまり身体が弱っている状態に
なっています。

そしてその低下した状態では
ウイルスのみならず
細菌にも感染しやすくなり
その細菌が原因となり、
別の病気を併発する可能性が
出て来てしまいます。

そうした細菌感染を防ぐために
抗生物質を飲む
といった狙いがあるようです。

そして

抗生物質の副作用ですが、
湿疹や頭痛
といった副作用があり、

また、
アレルギーがある人の場合は
ショックを起こす可能性もあるので
控えた方が良いです。

とはいっても、

抗生物質を処方する際に
そういった注意を受けたりする事が
ほとんどですし、

また、心配な人は
医師や薬剤師に聞いてみるのが
一番安心だと思います。

スポンサードリンク

併用では効かない?予防接種の場合は?

さてさて、
抗生物質は細菌に効くモノですが、
インフルエンザはウイルスです。

つまり
インフルエンザは
細菌ではありませんよね。

なのでインフルエンザに
抗生物質効かないです。

抗生物質はあくまで
2次感染による合併症のリスクを
抑える為に服用するので
インフルエンザに対して直接働き、
治すモノではありません。

このように、

インフルエンザと
抗生物質を併用する場合は
合併症など、
重症化するリスクの高い人が
一緒に処方される事が多いようです。

そして、

同時に処方される
という事は併用しても
問題ないという事ですよね。

なので、

予防接種の際でも、
抗生物質を飲んでいても
問題ありません。

とはいっても、

やはり不安な場合は
予防接種を受ける際などには
医師に事前に

「抗生物質を飲んでいますが
大丈夫ですか?」っと
質問するのが一番確実ですから
安心できると思います。

最後に

インフルエンザと抗生物質に関して
いろいろ書いてきましたが、

つまるところ抗生物質は

インフルエンザを直接的に
「治療する」という目的ではなく

インフルエンザによって起こり得る

細菌感染からの肺炎など、
合併症を「予防する」目的で
服用していくって感じですよね。

インフルエンザなんて
風邪の上位互換レベルでしょと

考えている人もいると思いますが

こういった情報を知ると
リスクの高い人にとっては、
かなり脅威ですから、

その怖さを垣間見た気がします。

では、
最後までご覧いただき、
ありがとうございました。