今回の内容は、
インフルエンザと
病院関係の話題です。

何科に行くのか?とか、
入院する可能性があるのは
どういった時なのか?

また、行かない場合でも
ちゃんと治るのか?
っといった事についても
まとめています。

スポンサードリンク

インフルエンザなんて
風邪の上位バージョンだろと
思う人もいますよね。

かくいう僕も
そっちのタイプですが、

少し認識を改めます。

病院に行かないでも治る?

さてさて、
病院へ行って検査をした訳でもなく
ちゃんと医師に診てもらい
診断してもらった訳でもないので

本当にインフルエンザかどうかが
分る事はないのですが、

自分だけの判断でも、

おそらくインフルエンザだと
疑うしか無いぐらいの
辛い症状が出ている時の場合です。

さてさて、

まず結論から言うと
インフルエンザだとしても
病院に行かないでも治ります。

つまり自力で治せます。

ただし、
家で安静に過ごして、
しっかりと体を休めた場合です。

とはいっても、

病院へ行かないという
選択肢を実行できるのは、
重症化のリスクの無い人が
取るれる事だと僕は思っています。

持病があったり、
子供だとか高齢者だとかは

最悪のケースも考えられるので、

インフルエンザが疑われる時には
やはり病院へ行って、
診てもらうべきだと思います。

なので、そういった人達以外の

普段から身体が丈夫な
大人の場合にだけ

病院に行かないで
ひたすら自然治癒で治す方法が
アリなのかなと思います。

スポンサードリンク

入院するのはどんな時?

さてさて、
病院に行かなくても、
ぶっちゃけ自力でも治るのが
インフルエンザ。

とはいっても、
人によっては入院が必要な
場合もあるのです。

まず、

病院や近くの医院など
お医者さんに診てもらう時には
何科へ行くのかが少し迷いますが、

基本的には、
「内科」か「耳鼻科」
(耳鼻咽腔科)に行きます。

あるいは、

「呼吸器内科」へ行けば
肺炎などが
発見しやすくなります。

さてさて、
では入院する可能性があるのは

どんな人、あるいは
どんな症状が出ている時や
どんな状態の場合に、
そうなってしまうのかというと、

合併症がある時や、
動けないほど極端に
体力が落ちている時などが

インフルエンザで
入院する可能性がある時です。

脱水症状が
かなり重度な場合などで
動けない時には、

救急車で搬送されて、

そのまま入院というパターンも
もちろんあります。

また、
インフルエンザによって、
他の細菌が体内に入り込み
(いわゆる2次細菌感染症)

感染症を起こしている時にも
入院が必要になる事があります。

しかし、

少し症状が重い状態だとしても
点滴で済みそうな時には
病院で点滴を受けて
すぐに帰れる時もあります。

いずれにせよ、

毎年流行する
インフルエンザだとしても
状態によっては
入院するほどのレベルといいますか

それほどの脅威がある事は
間違いないの病気なので

十分に注意して下さい。

最後に

病院へ行かないで自力で治す人は
くれぐれも無理はなさらず、

気が付いたら入院してた
なんて事の無いように、
しっかりと安静にして下さいね

また、症状が治まっても

体内にはまだ
ウイルスが残っているので
感染拡大させないように

気を付けて下さいませ。

では、
最後までご覧いただき、
ありがとうございました。