インフルエンザの季節と月。
っという事で

5月や6月、
あるいは7月など
季節外れのインフルエンザや

何月が最も流行るのか?など

時期関係の事を
いろいろとまとめてみました。

スポンサードリンク

冬に流行すると
もうデフォルトで知識を
有している人がほとんどだと
思われますが、

念には念を的な感じで
チェックしていきましょう。

インフルエンザの季節と月

感染力が非常に強い
「季節性インフルエンザ」
いわゆるパンデミック
って奴ですよね。

まあバイオハザードみたいに
そういう意味での
「恐怖」は無いものの

それでもそのウイルスは
脅威である事には他なりません。

ってな訳でまずは

インフルエンザの季節ですが、
「冬」に流行します。

まあわざわざ言う必要も
今さら感があるので
無かったのかもしれませんが

何月から何月までなのか?
という事に関しては
「11月~3月」となり、
ピークは「12月~2月」が
大体の流れです。

まあ要は

寒くなってきたら
警戒しようねと

そういう感じです。

スポンサードリンク

季節外れの5月6月も注意?

という事で、
もう当たり前の事を
あえて当たり前に
繰り返しただけの内容に

なって来てはいますが

それだけでは
わざわざこんな内容の
記事を投稿する必要性が
見出せません。

そこでですね、

インフルエンザに
季節はずれの感染は
ありえるのか?

って事も調べてみました。

そして結論からいうと
5月、6月、7月などの季節外れでも
インフルエンザになります。

とはいっても

流行する冬に比べると
もちろん感染者数は減りますし
稀っちゃ稀ですが、

特に新型インフルエンザが
登場してしまった場合は
季節に関係なく、
感染する可能性があります。

新型インフルエンザが出現した

2009年には
5月からすでに感染者が出ていて、
その年の冬はもちろん大流行

また、新型でなくても、

2004年には
インフルエンザのC型が
6月までの感染が
あったという記録があり、

そして、

夏を迎える7月でも
インフルエンザになった人が
過去にもたくさんいます。

このように
「季節性」だけでなく

可能性だけでみれば
インフルエンザには1年中
感染してもおかしくない

って感じですよね。

また、日本の季節は夏でも
南半球は冬ですから
旅行で感染するという人も
中にはいるようです。

ちなみに、
9月にも感染例はあり、

夏休みが終わり、
学校に登校する否や
インフルエンザで学級閉鎖です

みたいな事も
あったようですね。

最後に

湿度が低くて乾燥する
「冬」って奴が
最もウイルスが活き活きと
する季節であります。

とはいっても

湿度が高くて
ムンムンする夏でも

100%全てが全ての
インフルエンザウイルスが
軒並み無くなるとは
限らないようです。

極稀ではあるものの
ウイルスは存在しています。

まあ夏の場合は
そこまで気を付けて
恐怖におののく必要も
あまり無いと思いますし

神経質になり過ぎると
ストレスも溜まってしまいますが、

少し認識を改めて
最低限の所は
気を付けて過ごした方が
良いかもしれません。

では、

最後までご覧いただき、
ありがとうございました。