今回の内容は、
インフルエンザの
「時期」関係の話題です。

流行時期はいつまでなのか?
そしてピークはいつなのか?

また、流行する型など

もろもろ関係の事を
まとめています。

スポンサードリンク

毎年冬に流行する
インフルエンザウイルス。

その時期だったり、
あるいは「型」に関する事を
ここでさらっと
まとめておこうと思います。

流行する型や時期

さてさて、
冬の時期になると
ウイルスの脅威という奴が
やってきてしまいますが、

まずインフルエンザの時期は
「11月~3月」で、この期間に
例年流行るとされます。

他の季節や月に比べ、

この期間に流行するのが
季節性のインフルエンザです。

そして、

その流行する型ですが、
A型が最も多く、
続いてB型が流行ります。

インフルエンザA型の症状、
特徴としては、良く聞くような、
「高熱」や「全身の痛み」が
代表的な症状です。

そしてB型の場合は
下痢や腹痛など
胃腸の異変が起こりやすいのが
特徴だそうです。

また、この2つの他に
「C型」と言うのがあります。

しかしC型は感染力も低く
感染する人も毎年少ないので
そこまで脅威ではありませんが、

季節性ではなく

一年を通して感染する恐れが
あるのが特徴です。

とはいっても、

風邪程度の症状なので
気付かない人がほとんどだとか。

なのでまあ季節性である
A型とB型に
気を付けなければなりませんが、

特にA型は非常に変異しやすく

いわゆる「新型」に変わる可能性が
非常に高いウイルスです。

新型の場合
人は免疫を持っておらず、
そしてワクチンももちろんないので

感染した場合にはなすすべなく、
大流行してしまいます。

新型に変異を起こして
登場する間隔に、
決まった周期は無くて、
まちまちなので

普段から気を付けるより他に
対策はありません。

なので特に冬の時期だけでも、

予防対策を普段から意識する事を
おススメします。

スポンサードリンク

インフルエンザのピークは?

インフルエンザウイルスに
感染しやすくなる時期は
「11月~3月」と
先ほどは言いましたが、

その期間の中でも特に
気を付けなければならない月は
一体何月なのか?

つまりインフルエンザの
ピークはいつ頃かというと、
「1月、2月」が
例年ピークになりやすい
時期みたいです。

暖冬だったり、
あるいは逆に寒冬であれば

その影響を受けて
流行のピーク時期もずれ込むので、
前後する場合が
もちろんある事はありますが、

大体は年明けぐらいに
流行のピークになる場合が
ほとんどの様です。

なので、

予防接種を受ける人は
その時期に合わせて

ワクチンの効果が最大になるように
スケジュールを組み、
年が明けるまでに(前年の内に)
接種しておく事が望ましい
という感じです。

最後に

という事で、

1月と2月を軸に
インフルエンザウイルスは
流行の兆しを見せると
そういう感じでした。

とはいっても

新型が現れた年には
季節外れな感じの5月に
感染者が出た事もあったそうですし、

新型でなくても、

9月に感染者が続出して
学級閉鎖になった所も
あったのだとか。

特に警戒すべきは
冬の間とはいえ

1年を通して、
普段から手洗いなど、
最低限の対策は
した方がいいですよね。

では、

最後までご覧いただき、
ありがとうございました。