今回の内容は、
インフルエンザウイルスで
良く聞く「型」についてです。

a型、b型、c型、
それぞれの違いなどと、

また他にも、
インフルエンザウイルスの
種類があるのかなど、

これらに関して
簡単にまとめています。

スポンサードリンク

病院で
インフルエンザの検査をした時、
その判定結果で
「A型プラスですね」とか、

そういった感じの事を
言われたって人も
いるかもしれませんが、

A型やB型などいろいろ型が
あるようです。

インフルエンザa b c型の違い

ではさっそく
型についての情報を
ざざざっと洗って
いきたいと思います。

インフルエンザa型

毎年冬場に流行する
「季節性インフルエンザ」
と呼ばれるのは

主にA型を指しています。

A型インフルエンザウイルスの
症状の特徴としては、

38度以上の高熱
非常に強いさむけや悪寒
全身の倦怠感や筋肉・関節痛

この3つが代表的な
症状として挙げられます。

インフルエンザb型

A型の次に
感染者が多いのがこのB型。
「流行」とまでいかないものの
毎年猛威を振るっている事も事実で、

A型の流行が終わったぐらいの
「2月~3月」にかけて
流行するケースもあるようです。

なので、
暖かくなってきたと言っても
インフルエンザウイルスへの感染に
気が抜けないのはこのためです。

症状の特徴としては
A型と同様の場合がほとんどですが

腹痛や下痢など、
胃腸系(消火器官)に
症状が出やすい傾向があるようです。

インフルエンザc型

インフルエンザのC型は
A型B型に比べれば
格段に感染力が弱いウイルスです。

しかし季節性ではなく

一年を通して感染する可能性が
高い型でもあります。

とはいうものの、

感染した場合でも
出る症状が風邪程度な事もあり、
気付かない人が多いのだとか。

そしてそういった特徴に加え、

一度感染して得た免疫は
ほぼ一生持続すると言われているので
人生で2回感染するって事は
ほとんどないようです。

C型に関しては、
あまり警戒する型ではなさそうです。

スポンサードリンク

他のウイルスの種類は?

さてさて、
インフルエンザウイルスの
A・B・C型という

代表的な型について
まとめてまいりましたが、

単純に他にも型だとか
種類があるのかと思いまして
調べてみました。

が、

インフルエンザウイルスには
ABC型以外の種類は
どうやらなさそうでした。

鳥インフルエンザだったり
豚インフルエンザだったりなど
あるいは香港だとかソ連だとか

そのような「種類」
としては存在しているものの、

「型」の分類としては
A・B・Cの3つで
その3つから枝分かれして
それぞれ「種類」があるようです。

なんですかね、

茶道で言う所の
裏千家と表千家的な?

あるいは画家で言う所の
印象派だとか、
写実主義的な事ですかね?

うーん、ちょっと違うな・・

最後に

っという事で、
出来るだけ簡単に簡潔に
それぞれの型の違い、
特徴をまとめて来ましたが、

予防対策の方法としては
どれも同じです。

ちなみにですが、

インフルエンザウイルスに
A型とB型両方の型に
感染する事もあるのだとか。

いわゆる「同時感染」って奴です。

とはいっても
その分症状が2重になって
余計に辛いだとか

そういう事でもないようでして、

優位な型の方だけの症状が
表れるようですね。

いやはや恐ろしい。

では、
最後までご覧いただき、
ありがとうございました。