花粉症薬の
ロラタジンことクラリチンと
アレグラについて、

薬が効かないといった時に
考えられる事を

まとめてみました。

スポンサードリンク

いわゆる
「抗ヒスタミン薬」として
活躍する2つです。

アレグラの方は処方薬と、
そして、市販薬もあるので、
知名度も高いですが

一般名「ロラタジン」は
あまり馴染みが無い人も多く
「クラリチン」という名の方が
まだ知っている人もいるかと思います。

ロラタジンとアレグラ

さてさて、

相対的な知名度で見れば
ロラタジンよりも
アレグラの方が高いですが

期待される効果は

両方とも
比較的速攻性があり、
眠気の副作用が少ない事など

ロラタジン(クラリチン)も
アレグラとほぼ同じと
言われています。

価格や用法としては
アレグラの方が若干値段が高く、
1日2回が主ですが、

クラリチンの方が
アレグラに比べて安価で
効果も持続するので
1日1回の用法で済みます。

こう聞くとクラリチンもとい、

ロラタジンの方が良い
って気もしますが

アレグラは市販薬でも
手に入るのに比べ
クラリチンは病院での
処方のみでしか手に入れる事が
出来ない薬です。

この入手の手軽さを比べると、

早く症状を緩和したい人や
常に薬を備えておきたい人には
アレグラに軍配を上げる

といった感じです。

スポンサードリンク

効かない?

さてさて、
ロラタジンもアレグラも
期待される効果は同じであり、

いわば処方薬のみか
市販薬でも手に入るかの違い
っといっても
過言ではない2つですが、

巷の評判としては
ロラタジンよりもアレグラの方が
効果があると言われています。

しかし!

そのアレグラでさえ
効かないって人もいます。

「眠気が出にくい」という点での
副作用が少ない事は
非常に大きいメリットですが、

その分、

期待される効果が
他の強力な薬よりも効かない
っという事も
言われているようです。

まさに一長一短といった所。

でもそんな時の
裏ワザ的な事としては、

アレグラやロラタジンなど
花粉症薬が効かない場合には
食後とかではなく「空腹時に飲む」と
より効果が得られる

と言われています。

しかしこの場合今度は
薬が効く分、副作用の出る可能性も
大きくなってしまい、

これまた一長一短。

車の運転をする人や
眠気が重大な支障をきたす
恐れのある仕事に就いている人が
効かないって場合には

医師と薬の相談をするのが
一番だと思います。

上記に該当しない人は

一度空腹時で服用してみて、
効くか効かないかを
試してみると良いと思います。

最後に

ロラタジンもといクラリチンは

花粉症の症状を抑える為の薬
という使い方よりも、
弱い鼻炎やアトピーの人向け
という用法の方が実は多いようです。

また、

アレグラでさえ眠くなる人が
クラリチンを試してみる
といった場合もあるのだとか。

まあいずれにせよ、

薬は何処まで行っても
症状を抑えるのが目的です。

現在の対処ももちろん必要ですが、

まずは根本の治療を試みつつ、
その中で自分に最適な花粉症薬を
地道に見つけていく
というスタンスで行くしか、

解決にはならないのかもしれません。

根気が入りますし、
季節が来るたびに嫌な気持ちに
なって辛いと思いますが、

理想に向かって、
しっかり対策していきましょう!

では、
最後までご覧いただき、
ありがとうございました。