花粉症で処方される事が
あるかもしれない
「セレスタミン」

眠気などの副作用から
効かないといった場合について、

まとめています。

スポンサードリンク

セレスタミンは、

花粉症薬の主成分
といっても過言ではない
「抗ヒスタミン剤」と

「ステロイド」こと
「副腎皮質ホルモン」の

2つの成分が配合されている

いわゆる
「ステロイド系」の薬

アレルギー性鼻炎が
ひどい時には処方される事が
あるみたいですね。

花粉症にセレスタミンが効かない?

一般的にステロイドが
入っている薬は
常用するものではなく、

花粉症薬で主流の
アレグラが効かない人が
花粉がピークの時期に
セレスタミンを頓服で使用する

という使い方が
近年では多いようです。

頓服的な使い方からも
想像出来る通り、
症状がどうしても強い時の
非常用って感じなので、

セレスタミンというのは
非常に強力な部類の薬。

なので、

セレスタミンが効かないのは
少し考えにくいのですが、

日常的に、あるいは長期にわたって
セレスタミンを服用している場合
効きにくくなるようです。

少し前までは、

セレスタミンにはステロイドが
配合されているにも関わらず
単なる抗ヒスタミンと思い込んで
処方している医師がいたようで

毎日飲んでいた
って人もいたようです。

そういった人は
セレスタミンが効かないように
なってしまっていると

考えられるかと。

スポンサードリンク

眠気などの副作用は?

先ほどからちらりと
申し上げておりますが、

セレスタミンは強力な部類で
なおかつ、
ステロイドが入っており、
常用すべきではない感じの薬

その強力さゆえに、
やはり扱いといいますか、
注意も必要みたいです。

セレスタミンの
副作用として挙げられるのは
眠気や口の渇き、
めまいやふらつきなどです。

抗ヒスタミン薬ゆえに
眠気が引き起こされるのは
やっぱりかと言った所。

なので車の運転をする時には
気を付けて下さい。

そして、

セレスタミンの
服用の際の注意として

抗不安剤や抗うつ剤など
脳に働きかける系の薬、
いわゆる安定薬との併用は
副作用が出やすくなり、

作用がより強く出やすいようで、

また、特にお酒を飲むと、
眠気などの副作用が出やすいので、

出来るだけ飲酒は控えた方が
賢明だと思います。

そして、

そもそも飲む事自体が
危険とされている人もいて、

緑内障や、前立腺肥大の人などは
病状を悪化させてしまう
恐れがあるようです。

また他にも注意が必要なのは、
胃潰瘍、精神の病気
結核、白内障、高血圧

これらの方は注意が必要なので
医師へしっかりと報告して下さい。

とにもかくにも、

強力なので
用法容量には特に注意し、
慎重に使ってねと

そういう感じでしょうか。

最後に

その強力さゆえに、
基本的には短期間だけ
使用する薬。

やもすれば怖い印象を
持つ人もいると思いますが、

セレスタミンを
飲み続けるといっても
1週間程度なら大丈夫で、
重い副作用もほぼありえない。

って感じみたいですね。

また、ごく少量程度なら
長期的な服用も
ありみたいなのですが、

この場合はやはり、
医師とよく相談しつつ、

経過に注意を払いがら
服用していくという
感じみたいですね。

そして薬で症状を
抑えていく事も良いですが、

普段の生活だったり、
食事などでも
緩和する事があります。


また、

逆に悪化させてしまう
食べ物もあります。


こういった記事も
ぜひ参考にしていただき、

普段の生活から
改善を心掛けて欲しいと
思っております。

では、

最後までご覧いただき、
ありがとうございました。