今回は花粉症薬の
「アレジオン」について、

効果や副作用など、
そして効かないといった場合
といった感じです。

また、ジェネリックなどについても
しらべてみました。

スポンサードリンク

市販薬のCMでも
軽快なリズムで「アレジオン♪」と
某綺麗な女優さんが
言っておられる事でも

有名な薬がこのアレジオン。

処方ももちろんされていて、
一般名は「エピナスチン」

そいてアレグラなどと同じ
いわゆる「第2世代」
抗ヒスタミン薬であります。

花粉症にアレジオンが効かない?

さてさて、
いろいろなサイトを
巡回して見ますと、

よくアレグラと比較される事も
多いようでございます。

そんな中で

一般的にアレジオンは
第二世代抗ヒスタミン薬の
ポジション的には
眠気も効き目も中間程度

っという感じみたいです。

なのでアレジオンが
効かないって場合も
あるようでございます。

アレジオンが効かない人は、

ザジテンやアレロックなど
もう少し効果が強いとされる

薬を試してみた方が
いいのかもしれません。

しかしその分眠気の副作用も
出やすくなってしまいます。

しかし人によっては

アレジオンよりも
アレグラの方が効果がある
という人もいるので

これも試してみるより他に
方法は無いかと思います。

一般的には、眠気も効果も低いと
アレグラはされていますが、
体質などが合えば
抜群の効果があるようなので

アレジオンが効かない人でも
効く可能性はあります。

ちなみに、

効かない場合の
効果的な飲み方を含め、

アレグラについては、
こちらの記事も
お読みいただければと思います↓


そして

市販薬のアレジオンが
効かない場合には
用量が原因かもしれません。

処方されているアレジオンには
20mgがあります。

その20mgで効いている場合

市販薬の「アレジオン10」では
その名の通り10mgなので

成分は同じとはいえど
用量が少ない分、
効果が得られにくいという事が
考えられるようです。

単純に倍量飲めば
効くのかもしれませんが、

副作用のリスクを踏まえた場合

用量容量はお守り下さるのが
やはり賢明だと思います。

スポンサードリンク

効果や副作用は?

さてさて、
そんなアレジオンの
服用した際の効果とともに
副作用も見て行きたいと
思いますが、

アレジオンは

気管支喘息や
湿疹・皮膚炎のかゆみにも
効果があるです。

そして
アレルギー性鼻炎にも
もちろん効果があり、

花粉症で言えば

予防としても
症状の抑制としても
アレジオンはその効果を
発揮するのだとか。

なので、

ピークが来る前に
予防としても使えるし、

はたまた花粉全盛期の
症状を抑える為にも使える

という感じで
何かと万能な奴みたいです。

そんな便利屋な印象もある

アレジオンの副作用は
眠気、口の渇き、だるさなど

花粉症の抗ヒスタミン薬に
多くみられる副作用と
変わりありません。

そしてやはり
眠気の副作用が最も現れます。

また、注意として、

アレジオンは、
肝臓病のある人は
注意した方が良いとの事。

なので該当する方は

医師への報告を
ちゃんとして下さいね。

最後に

最後にアレジオンが
お安くなっているかどうか
この事についてですが、

アレジオンには
ジェネリックがたくさんあり、
市販薬を買うよりも
割安との事です。

値段を考えた時には

やはりジェネリックが
最もコスパが良く
価格が抑えられるので

ジェネリックさまさま
って感じですよね。

薬名を
どれがどれだと挙げていくと
けっこう数あったので

ジェネリックはたくさんある
という事でまとめます。

あしからず。

ちなみに
ジェネリックではありませんが
ザジテンと混同する人も多いようで、

その事について
別の記事を書いているので
よろしければお読みください↓

では、
最後までご覧いただき、
ありがとうございました。