今回の内容は、
花粉症薬の「シングレア」を
中心に展開しています。

眠気などの副作用や
アレグラやタリオンとの
効果の違いなどなど
まとめてみました。

スポンサードリンク

シングレアは
花粉症を治す薬で
主力として活躍している
「抗ヒスタミン薬」ではなく、

「抗ロイコトリエン薬」
(ロイコトリエン拮抗薬)です。

アレルギー性鼻炎に効果が
ある事はもちろんですが、
得意分野といいますか、
作用する症状が少し違ってきます。

花粉症にシングレアで眠気は?

抗ヒスタミン薬の
副作用として特徴的なのは
ほかならぬ「眠気」

ですが、

一般的に、シングレアなど
抗ロイコトリエン薬では
眠気は起こりにくい
とされています。

とはいっても、

かくいうシングレアを
使用している人の口コミでは
「眠気なし!」って人もいれば
「眠気が少し・・・」って人もいて
なんじゃそれという感じですが、

シングレアが原因で
眠気の副作用が起きた
って人は少ないです。

そして他の副作用としては、

非常に稀なケースですが
吐き気や下痢などといった
症状が出るみたいです。

スポンサードリンク

アレグラやタリオンとで効果あり

花粉症の症状を抑える為の薬は
やはりアレグラだったり、
タリオンだったりなど
抗ヒスタミン薬が主役であり、

シングレアのような
抗ロイコトリエン薬は

抗ヒスタミン薬の
補助的な効果を期待して
処方される場合が多いです。

併用していくって感じですね。

なので花粉症の症状を
劇的に抑えるという点においては
やはり抗ヒスタミン薬の方が
向いています。

とはいえ、

抗ロイコトリエン薬は
鼻づまりの症状に
特に効果があるようで、

花粉症患者の人で
鼻づまりがひどい人の場合は、
アレグラとタリオンなどと
シングレアを併用した事により、

「スッキリした!」
「ピタッと止まった!」

という方がいるようなので、
鼻づまりがひどい人は
試してみる価値はありそうです。

また、鼻づまりだけがひどい
といった場合には
シングレアだけを飲んでみる
って使い方も。

しかし、
抗ロイコトリエン薬もとい

シングレアは
その効果を実感できるまでに
数週間ほど要する場合もあるので
少し根気がいるかもしれません。

でもでも、

花粉症の症状を
予防する効果もあるので

花粉症の時期になる前に
花粉がピークを迎える前から
シングレアを飲んでいると

症状を緩和したり、
ぴたっと抑える事が

できるかもしれませんね。

最後に

シングレアのメーカーは
製薬会社のMSDさんですが、

このシングレアと
同じ効果であり
成分も同じとされている
薬が他にもあります。

それが製薬会社
杏林製薬が作っている
「キプレス」

花粉症に対する効能が同じ、

つまりキプレスも
抗ロイコトリエン薬です。

効果は同じなものの

シングレアよりも
キプレスの方が
少しだけ安価だったりするので、

シングレアが高いと
思っている方は

さほど値段は変わりませんが
キプレスで試してみるのも
ありだと思います。

では、

最後までご覧いただき、
ありがとうございました。