花粉症になっている人が
食べてはいけないとされている

野菜や果物
そしてその他の食品など

食べ物をまとめてみました。

スポンサードリンク

ただでさえ、
薬の飲み合わせが気になるのに

花粉症と食べ合わせまで
気にしなくてはならないのが
やっかいな所です。

通称「食物アレルギー」

「口腔アレルギー症候群」
(OAS)と呼ばれる
症状が起こる場合があるので
注意して下さい。

食べてはいけない野菜や果物

花粉症原因となっている
草の種類によって
共通する「抗原性」が違うので

ひとくくりに花粉症といえど、

その種類によって
食べてはいけない野菜や
果物が違ってきます。

ではでは、
種類別に見ていきますが、

  • スギ、ヒノキなど
    ヒノキ科花粉症の人は
  • トマト

  • ハンノキ、シラカンバなど
    カバノキ科花粉症の人は
  • バラ科・ウリ科の果物や野菜
    キウイ、大豆、アボカド、
    トマトなどなど

  • カモガヤなど
    イネ科花粉症の人は
  • トマト、スイカ、小麦
    オレンジなど

  • ブタクサ、ヨモギなど
    キク科花粉症の人は
  • バナナ、スイカ、キウイ
    ニンジン、トマトなど

とこれらが
主に食べてはいけない
野菜や果物となってますが、

ここに挙げているのは
主な食べ物だけですので、

詳しくは以下でご確認下さい。

参考サイト
Thermo
(サーモフィッシャー
ダイアグノスティックス
株式会社)

基本的に加熱すれば
大丈夫みたいではありますが

シーズン中は
避けた方が賢明だと
やはり思います。

スポンサードリンク

花粉症で注意すべき食品

さてさて、
花粉のタイプ別に
食べてはいけない食べ物を
挙げてきまして、

続いての話題は

食べてはいけない
という事ではありませんが、

他にも花粉症の症状を
悪化させてしまう食品も
チェックしていきます。

<避けた方が良い食品>

  • ハムやソーセージ類
  • アルコール類
  • インスタント食品
  • ファーストフード
  • スナック菓子
  • ケーキなど甘い物
  • 唐辛子などの刺激物

という感じで。

脂の多いメニューとか、
身体を冷やす食品は
避けたほうが良いです。

これらの食品を
食べ過ぎてしまうと、

免疫機能が低下したり、
アレルギーが過敏に反応し、
症状が悪化したり、
炎症が起きやすくなるなど

花粉症が余計に
辛くなってしまうので

厳禁とまではいきませんが、

ならべく食べないようにして
食べる際にも過剰摂取しない程度に
ほどほどにして下さい。

最後に

とまあここまで
「食べてはいけない」と
絶対に禁止みたいな勢いで
書いてきましたが、

果物だとあれですけど、

野菜なんかは
加熱処理をすれば大丈夫ですし、

これらを食べても
症状が悪化したりとかせずに
平気な人もいますから

避けた方がやはり
賢明ではあるものの、

食べれない事で
ストレスが溜まってしまうと
それもまた悪化の原因に
なってしまうので、

どうしても食べたい時には
食べてみてもいいかもしれません。

ただし、

食物アレルギーが起こって
口とか喉が痒くなったら
食べるのは止めて下さいね。

では、

最後までご覧いただき、
ありがとうございました。