一度かかったとしても
違う型に感染してしまうと
またまた発症し、
とても辛い日々を
過ごす事になってしまう

そんな
ノロウイルスの型について、

新型だったり、
変異・変種だったりなど
いろいろまとめてみました。

スポンサードリンク

同じ型だったなら
ある程度なら身体も
抵抗してくれそうな気が
しなくはないですが、

今度は違う型に感染して

一度の時期に2回も
発症してしまう恐れがある
こんなやっかいな奴が

ノロウイルスさんなのです。

型や新型などについて

ノロウイルスはこれまでにも
2006年と2012年に
大流行しています。

大流行する原因は他ならぬ
「”新型”ノロウイルス」だった事

文字通り「新型」と

新しい型なので、
人間には免疫が無い為に、
爆発的に感染者が
増加してしまいます。

さてさて、

「ノロウイルス」に属する
ウイルスには
「GI」と「GII」の
2つの遺伝子群に
分類されるそうでして、

さらにそれぞれで
17だとかの遺伝子型に
分類するようです。

つまり、

「GI」と「GII」を軸に
それぞれの数字が組み合わさって

「GI・17」もあれば
「GII・17」もある
みたいな感じで

このように様々な「型」の
組み合わせが存在している
とても多様性のあるウイルスが
ノロウイルスなのです。

そして2015年に
ニュースになりましたが、

それまで例年流行していた
「GII・4」型を
「GII・17」という新型が
大きく上回ったそうです。

つまり、

人間が免疫を持っていない
新しい型が出現したので
大流行する事が
間違いないという事です。

スポンサードリンク

まあ新型といっても

とどのつまりは
ノロウイルスである事に
変わりはないのですが、

体内に入ってしまうと

もうほぼアウトになる
可能性が非常に高いです。

なんせ免疫が無いですからね。

なので日頃から
気を付けて過ごすよりほかに
対策は無いと思います。

また、

感染し、発症した場合は
症状は代表的な
下痢や嘔吐といったモノに
違いは無いので

辛い事に変わりないですが、

新型だからもっと
ヤバい事にいなるかも・・・

という事でもなく、
そこまで恐れる必要は
無いみたいです。

とにもかくにも

感染しない事に
越した事はありません。

変異や変種について

初めの方にもちらっと
流行した年を言いましたが、

2012年は
2006年に流行したモノが
変異した新型でした。

そして
2015年にも新型が
発見されたとニュースに
なっていましたよね。

しかし数年おきとはいえ

なんでこう次々に
新型が出現するのか?

という事ですが、

なんでも
ノロウイルスは「一本鎖RNA」
という構造をしている為に
変異しやすいのだとか。

ゆえに、

新たな遺伝子型や
遺伝子型の変異した奴ら
つまり「変種(新型)」が
これからも出現し続ける

という事なんだとか・・・

そして既に
ノロウイルスには
40種類以上が
存在しているそうです。

さらには現在でもなお
その新しい型が
発見され続けています。

もちろん
変異しやすい種類と
変異しにくい種類
というのもあるそうですが、

変種が増えてる事に
変わりありませんよね・・・

最後に

やはり新型が恐ろしいのは
「人間が免疫を持っていない」
という点ですよね。

そしてこれからも
変異や変種といった

いわばノロ業界の
ニュージェネレーションが
誕生し続けるという事ですよ。

我々はもう

感染の才能を持った
エースでホープが
誕生しない事を祈るばかりです。

とはいっても、

貝類を調理する際には
しっかりと加熱処理をして、

手洗いをちゃんと行い

外に出た際には
むやみに口や鼻を触らないように
気を付けていれば

ほぼ大丈夫だと思います。

では、
最後までご覧いただき
ありがとうございました。