妊婦の方は
お腹の赤ちゃんの事もあり
薬には何かと
注意しなければなりません。

そこで妊娠中の方などに

おすすな花粉症への対策方法を
まとめて行こうと思います。

スポンサードリンク

さてさて、
自分一人だけの
身体ではないだけに

何かとナイーブになり

何をするにも心配で
慎重になってしまいますよね。

花粉症薬で妊婦でもOKな種類は?

まず大前提として
重々承知だと思いますが、

基本的には
妊娠3~4カ月まで、
あるいは15週目ぐらいまでは

花粉症の症状が辛くても
薬を飲まない事がベストです。

特に妊娠初期には
いくら花粉症の症状が辛くても
薬を避けるべきです。

その事を踏まえつつ、

「中期以降」の
妊婦さんでも使える薬の種類としては

  • 点眼・点鼻薬の局所的な治療薬
  • ただし点鼻薬では「血管収縮剤」
    「プラノブロフェン」が
    入っていないモノが良くて

    点眼薬では
    「アシタザノラスト水和物」
    「ケトチフェンフマル酸塩」
    「クロモグリク酸ナトリウム」が
    入っている場合には、
    医師との相談が必要です。

  • 抗ヒスタミン剤の
    ポララミンやクラリチン
  • 古くからある薬で、
    データが豊富な事から
    比較的安全とされています。

という感じです。

とにもかくにも
妊娠初期は避けて頂き、

中期以降にどうしても
症状が辛い時にだけ、
自己判断で使用せずに、

ちゃんと医師と相談してから使う
という感じです。

とはいっても

お仕事をされている人も
いるかと思いますし、

薬を飲まなければ
やってられないって人に
おすすめな対策があります。

スポンサードリンク

おすすめの対策

妊娠初期のみならず、

中期以降でもやはり
薬は一切飲まないのがベストですし、
点眼や点鼻薬でさえも
使わない事に越した事はありません。

そこで妊婦さんに
おすすめしたい対策は
「ワセリン」での予防です。

ワセリンはいわば
無害の軟膏的なモノで、

定義としては
「石油から得た炭化水素類の
混合物を脱色して精製したもの」
という事ですが、

化粧クリームなどの素材として
使われる潤滑剤的な奴。

このワセリンを
「鼻の中」「鼻の周り」
「口の周り」に塗っておく事で

ワセリンが花粉をキャッチするので
花粉の侵入を防げます。

症状を抑える事はもとより、

そもそも体内への
花粉の侵入を防げるので
アレルギー反応が起こる要素すら
排除してしまえます。

知る人ぞ知る対策って感じで

花粉症患者さんにとっては
大車輪の働きをしてくれますから
本当におすすめです。

使うモノとしては
「白色ワセリン」が基本で

いろいろ種類がありますが

身体の事を考えると
万が一口に入っても大丈夫なように
より純度が高いワセリンを
選ぶようにして下さい。

市販で最も純度の高いワセリンは
「サンホワイト」です↓

サンホワイト P1 400g 白色ワセリン 日興リカ

サンホワイト P1 400g 白色ワセリン 日興リカ
価格:2,950円(税込、送料別)

詳しい使い方は
別記事に書いているので
こちらを参考にしてみて下さい↓


マスクをつけれない状況で
ワセリンを塗った事によるテカリが
気になってしまう人は、

「ピットストッパー」という
花粉症グッズも人気です↓

鼻の穴に差し込んで
花粉を防ぐというモノで、

周りから見ても
分りにくい事から
重宝する人もいるようです。

最後に

繰り返しますが、
花粉症が辛くても
やはり薬は飲まないのが
ベストだと思いです。

なので僕としては

体外的に予防して行く事が
何よりだと思います。

そして、
体内への花粉の侵入を防ぐ
ワセリンでの対策を
かなりおすすめします。

では、

最後までご覧いただき、
ありがとうございました。