今回は花粉症の人が
母乳育児をしている場合に
起こってくる疑問を

市販薬などは
母乳に影響が出るのか?

また、抗体やアレルギーが
母乳を介して
赤ちゃんも発症してしまうのか?

といった感じの事を
いろいろまとめてみました。

スポンサードリンク

お腹の中にいる
妊娠中もさる事ながら、

出てきてからの、

授乳している時にも
薬の影響などが
心配になってしまいますよね。

花粉症の市販薬で母乳に影響は?

まず大前提として
授乳中は薬を一切飲まない事が
やはりベストです。

この事を踏まえつつ、

薬の成分が母乳を介して
(母乳に含まれて)
赤ちゃんに入ってしまうのか?

といった感じの疑問ですが、

薬を飲んだとしても
母乳に含まれるのは極微量で
問題にならない程度

っと考えられています。

しかし、
「じゃあ市販薬でも大丈夫」
という訳ではありません。

市販薬には
「妊娠中、授乳中の方の使用は
絶対に止めて下さい。」
っと記載されている物もあるので

そういった市販薬は
使用しないようにして下さい。

そしてまた内服薬ではなく

点眼・点鼻薬といった
局所的に作用するような薬も
母乳に含まれたとしても
極少量なので
問題ないとされています。

がしかし!

これも内服薬と同じように、

市販薬の場合
「妊娠中、授乳中の方の使用は
絶対に止めて下さい。」
っと記載されている物は止めて、

また点鼻薬では
「血管収縮剤」が入ってないモノを
選ぶようにして下さい。

とまあこのように、

いろいろ制約があるので、
市販薬を使うのに抵抗があったり、
少し面倒に感じてしまう方は

病院で相談して、
医師とよく話し合ってから
処方してもらうのが安心ですし、
賢明だと思います。

僕としても
市販薬を使う場合は、

どうしても病院へいけない
といったような
やむ追えない事情が無い限りは
使わない事をおすすめします。

そして市販薬を使う時は

長期間の服用は
避けて下さいませ。

スポンサードリンク

抗体やアレルギーとの関係

そして次なる疑問が
「アレルギー、ひいては
抗体というか免疫機能的なモノが、
母乳を介して子に移るのか?」

っという事ですが、

母乳でアレルギーとか
花粉症の原因を引き起こす抗体が
うつるって事は無いようです。

なので、

花粉症中の授乳のせいで
赤ちゃんが花粉症になってしまう
という事はありません。

しかし、

アレルギー体質は
遺伝する場合が多いです。

つまり、

母乳の影響うんぬん、
体質そのものの遺伝によって
子供さんが花粉症になってしまう
という事はありえます。

母乳からの栄養によって
身体が作られるので

なまじ全く関係ないとも
言い切れない感じで

少し難しいニュアンスですが、

母乳の影響で
花粉症がうつるという訳ではなく

生まれた瞬間にもう
花粉に反応してしまう体質が
遺伝してしまっている

っという感じです。

なので母乳の影響で
花粉症になるのが早くなるとか
そう言う訳でもないです。

でも母乳には

赤ちゃんの抗体を作り、
風邪とかから守る成分が
含まれていますから

ならべく与えて下さいね。

最後に

去年までは
自分一人の身体だったので
薬をガンガンに
使用してたけれども

今年は子供がいるからと
何かと慎重になりますよね。

まあいろいろ書いてきましたが、

授乳中は薬を使わない事が
最も望ましいので

薬を使って体内から
症状を抑えようとするよりも
グッズなどを使って
体外的な予防対策をした方が
僕は良いと思います。

おススメなのは
「ワセリン」を使った方法です。


詳しくは上記リンク先の記事で
まとめていますので、
是非やってみて下しさい。

では、

最後までご覧いただき、
ありがとうございました。