今回は花粉症の薬と
風邪薬の飲み合わせ的な
事についてす。

一緒に使っても
その効果に問題はないのか?

また、同時併用とか
あるいは代用したとしても
大丈夫なのか?

といった事について
まとめています。

スポンサードリンク

風邪なのか花粉症なのか

似た症状を飛び越えて
もはや同じ症状が出てくるだけに
非常にやっかいな事
この上ない永遠の命題ですが、

この話題の関する
薬事情へズバッといきます。

花粉症との飲み合わせは?

まず大前提として、
自己判断での花粉症薬と
風邪薬の同時使用は避けて下さい。

花粉症と風邪が一緒に来て
症状が辛い事もわかりますが、
必ず医師か薬剤師に相談し、
安全に使用して下さい。

その事を踏まえつつ、

花粉症と風邪薬や
解熱鎮痛剤の飲み合わせうんぬん、
併用を避けた方が良いのには
ちゃんと理由があります。

その理由は、

「薬が効きすぎる」
(副作用が強くなり、起こりやすい)

全てはここにつきます。

風邪薬や解熱剤にも
抗ヒスタミン効果のある
成分が入っているので

要は同じ効果、働きのある
成分をダブルで飲む事になってしまい
効き目が倍増されてしまう。
といった感じす。

そしてそれに伴って
副作用も倍増されてしまう
という事です。

倍増されてしまう効果と
その副作用には

鼻水を抑える効果の倍増
→口の渇きがえげつない事に

ダブルの血管収縮作用
→血流がかなり悪くなる事で、
重い副作用が出やすくなり、
脳への影響も・・・

ヒスタミンを過剰に抑える
→非常に眠くなる

という感じで、
効果が出すぎる為に

その分眠気や口の渇き
といった副作用も非常に
出やすくなります。

そしてまた、

普段なら極稀にしか出ないような
重い副作用が出る確率も
高くなってしまいます。

なので決して素人判断での
安易な併用は避けて頂き、
必ず医師か薬剤師に相談してから
使用して下さいませ。

スポンサードリンク

風邪薬で代用して効果はある?

とはいっても、

風邪薬の中にも
抗ヒスタミンの作用があるので

一緒に飲まなければ
つまり同時併用しなければ、
問題ありません。

なので風邪薬で代用可能です。

そしてまた、
同時に対処していくよりも、

まずは風邪を治して
それから花粉症に対処するのが
効率的だそうです。

さてさて、
そんなこんなで

風邪薬でも
花粉症薬の代用になるのは

  • クレマスチンフマル酸塩
  • クロルフェニラミンマレイン酸塩
  • ジフェニルピラリン塩酸塩

という成分が入っている
風邪薬です。

これらの成分に
いわゆる抗ヒスタミンの
効果があるので

代用になりえます。

ただし間違っても
これらの成分が入った薬と
花粉症の薬を
同時に使う事は止めて下さい。

上記のように
大変な事になります。

最後に

まあいろいろ書いて来ましたが、

効果(成分)が
バッティングしていなければ
風邪薬と花粉症薬を
一緒に使用しても大丈夫な
組み合わせもあります。

なので飲み合わせによっては
安全な場合もあると
そういう事です。

花粉症の人でも使える
市販の風邪薬については、

こちらのサイトで
まとめられていましたので
参考にしてみて下さい。
花粉症の薬

とはいっても、
自己判断はせず

やはり医師か薬剤師に
一度確認してから
使用するようにして下さいね。

何かあってからでは
遅いですから。

では、
最後までご覧いただき、
ありがとうございました。