今回の内容は、
「花粉症対策」という事で、

外へ出る時の服装から、
食べ物など薬以外で出来る事、
また、口呼吸は
対策になり得るのかどうか、

みたいな事を
書いて行こうと思います。

スポンサードリンク

花粉が飛散する前から
予防として
いろいろ始める人もいますが、

特に服装に気をつければ

飛散している間にも
とても有効な対策になるので、

ぜひ覚えて行って下さいませ。

花粉症対策になる服装は?

家の中に花粉を入れない為にも

花粉が付きにくいような
服装を選ぶ事は非常に
対策として有効になってきます。

ではではさっそく、
本題へ入って行きますが、

花粉症対策になる服装は、

デニムや綿など
「静電気が起こりにくい素材」

レザー、ポリエステル
ナイロン、ビニールなどの
「表面がつるつるの素材」

髪の毛に花粉を付けない為の
「帽子」

こういった素材や服装だと
花粉が付きにくいです。

最も花粉が付きにくいのは
静電気を起こさない
「綿」の素材です。

しかし玄関に入る前に、

バタバタと叩くと、
繊維の奥に入って仕舞ったり、
花粉が舞い上がるので、

撫でるようにはたいて下さい。

そして、
表面がつるつるした奴とか
あるいはシャカシャカするような
素材の服装は、

静電気が発生しやすいので、
綿よりは付きやすいのですが、

粘着ローラーで
表面をコロコロしても
繊維がとれる心配がなく、

付いた花粉が落としやすいです。

ちなみに、
静電気の起きやすい
服装の組み合わせについては
こちらの記事をぜひ参考に


そして逆に

花粉が付きやすいので
気を付けた方が良い服装は、

セーターやフリース、
カーディガンでも使われる
「ウール」

花粉からめたり、溜めてしまう
フードやファーのある服

ウール(羊毛)は
いかにもって感じで、
マフラーなどでも使われる事が
多い素材なので
お気を付け下さいませ。

そして、
フードの中に花粉が入ると
落とし難くなりますので

パーカーは避けた方いい事と、

さらにファー付だと
余計に絡めてしまうので
こちらも避けた方が良いです。

その他に、服装関係で
出来る対策としては

「静電気防止スプレーや
花粉ガードスプレーなどを
ふりかける事」も
非常に有効な手段です。

花粉症対策とはいえ
毎日ツルツルで
シャカシャカな素材ばかりだと

着たい服だとか、
オシャレもできませんので、

そういった時には、

服に花粉防止のスプレーをかけ、
付けないようにしておくのが
非常に有効です。

静電気防止スプレーでも
もちろん良いのは良いのですが

僕としては

特に「花粉」対策として
幅広く使えるので、
コスパの良い
こちらがおすすめです↓



薬以外で出来る対策!

さてさて、
服装を詳しく見てきた所で

お次は食べ物などの
身体の中から出来る事的な
話題へと入って行こうと

思ったのですが、

花粉症対策となる
食べ物や飲み物については
別の記事でまとめていますので、

これらの記事などを
参考にしてみて下さいませ。



そしてこの記事では

「口呼吸」について
見ていく訳なのですが、

口呼吸が
花粉症対策になるのかには
賛否があります。

あの20歳若く見える医者
南雲吉則先生が

マスクを外して
口呼吸で花粉を吸い込むと
花粉症が治るという対策方法を
提唱しているようです。

しかし!

当然といいますか
「鼻呼吸派」もいまして、

口呼吸は風邪の菌などを
もろに吸い込んでしまう事や
ドライマウスなどを引き起こし、
歯周病になり得るとして
真逆の意見もあります。

正直言って、
リスクが高い気もしますが

舌下治療と同じような感じの
いわゆる「減感法」的な
治療法なのかもしれませんね。

最後に

試合の結果は
始まる前に大体決まっている
準備が大事だ

と、

どこかの誰かが
言っていた気がしますが、

花粉が飛び始める前から
もう症状の度合いは
決まっているのかもしれません。

では、

最後までご覧いただき、
ありがとうございました。