今回の内容は、
花粉症とコンタクトレンズ

ハードが良いのか?
それともソフトが良いのか?
といった事や、

花粉症におすすめの
コンタクトレンズなどについて、

わーわー言ってます。

スポンサードリンク

普段コンタクトの人でも、

花粉が飛散する時期には
メガネをかけて
花粉を物理的にブロックする人も
見受けられますが、

やはりコンタクトレンズの
利便性も捨てがたいのが心情。

そんな時には、
どういった感じで
対処していくのが良いのかを

みて行こうと思います。

コンタクトはハード?ソフト?

目の悩みを抱えておきながら
さらに花粉症にも悩みを抱える

さながら思春期以上に
悩みを抱えている人にとって
コンタクト問題を解決しておくのは
ストレスの面でも良いですよね。

さてさて

まず花粉症の人のコンタクトは
ソフトが良いのか、
ハードが良いのかですが
これには賛否あるようです。

っと言いますのも

それぞれのメリットと
デメリットがあるからです。

ソフトの場合

「デメリット」

一般的ににソフトの方が
花粉が付きやすいと言われている。

「対処法」

汚れが付きやすい
「イオン性」ではなくて
「非イオン性」を使う。

レンズをつける前に
装着薬をプラスして使うと
汚れが付きにくくなる。

「メリット」

使い捨てなので
花粉のついていない
新鮮なのが常に使える。

ハードの場合

「デメリット」

花粉は洗っても落ちにくく、
洗浄が難しいので
花粉が付いたままの
コンタクトを使用する事になる。

「対処法」

外したらすぐにすすぐ。
(花粉を潰さないように、
擦らないように洗う)

「メリット」

ソフトに比べると
花粉が付きにくいと
言われている。

ハードの方が楽。

っという感じで、
それぞれにメリットと
デメリットがあり、

デメリットの対策法も
あるにはありますが、

最も良いのは
「1日使い捨ての
ソフトレンズを使う事」です。

入念に洗ったとしても

新品の綺麗さには
やはり敵いませんからね。

花粉の時期だけでも
1日使い捨てのコンタクトを
導入してみてはいかがでしょうか。
(眼科の先生とも
よく相談してみて下さい。)

スポンサードリンク

花粉症におすすめのコンタクトは?

まず前提としては、

眼がかゆい場合や
目がゴロゴロしたり、
コンタクトレンズが曇るなら

コンタクトは
使わない方が賢明です。

また、どうしてもという人以外は
正直言ってコンタクトではなく
メガネ着用の方を
強くおススメしています。

まあそんなこんなで

花粉症に人におすすめな
コンタクトレンズは
「ワンデーアキビュー」です。

ワンデーアキビュー

1日使い捨てでなおかつ
クオリティの面でも
愛用している人が多い商品です。

とまあおすすめのコンタクトを
付ける事ももちろんですが、

普通のコンタクトでも
伊達眼鏡をかけるなどすれば
十分対策になります。

また、ゴーグルだとか、

あるいは特に体を動かす系の
お仕事をされている人は
スポーツ用のサングラスを
掛ける事でも対策になります。

そしてメガネに関して言えば

あの有名なJin’sには
「花粉カットメガネ」もありますし。
JIN’s オンラインショップ

コンタクトへのこだわりが
あっても無くても

メガネは花粉症対策として
とても活躍するグッズなので
導入してみて下さいね。

最後に

他にもコンタクトで
気を付けるべきなのは
花粉症用の目薬を使う時です。

特に市販の点眼薬を使う場合は

コンタクトの上からでも
使用できる商品もありますが、

多くの場合
必ずコンタクトを外してからとか、

点眼してから
数十分程経ってからでないと
付けてはいけないとか、

いろいろ注意があるので

目薬や点眼薬を使用する時は
使用上の注意を
よく確認してから使って下さいね。

では、

最後までご覧いただき、
ありがとうございました。