花粉症であっても
コンタクトレンズをしている人も
おられると思いますが、

良くずれるとか乾きがある場合は、
結膜炎などの可能性が

あるとかないとか。

スポンサードリンク

花粉症対策メガネも登場し、

飛散時期には
メガネに変える人も
いるとはいえ、

それでもコンタクト派な人は
少し注意が必要かもしれません。

結膜炎かも!?ずれるのは注意!

花粉症の症状として
代表的なのは鼻水や鼻づまり、
そしてくしゃみですが、
目のかゆみや充血も当然あります。

さてさて、

まばたきすると
コンタクトレンズがずれる人は
「巨大乳頭性結膜炎」に
(アレルギー 性結膜炎)
なっている場合があります。

まぶたの裏に
できものができてしまい、

まばたきの度に、
そのできものが引っかかり、
コンタクトがずれる

という具合です。

コンタクトについた異物で
目が傷ついていたり、
目がかゆいからと、
目をこすってしまうと、

目の粘膜が傷つきます、

その傷ついた部分から
細菌などが入るのが原因で、

また、

目のかゆみや充血がひどいとか、
目やにがよく出るなど

そういった症状でも

「季節性アレルギー性結膜炎」に
なっている可能性があります。

結膜炎の主な原因は
細菌やウイルスによるものも
あるのですが、

花粉やハウスダストなど
原因となる物質が
目についた時にでも
目のかゆみなどが出る場合があり

こういた結膜炎を特に
アレルギー性結膜炎といい、

花粉の時期になるのを
「季節性アレルギー性結膜炎」
っというようです。

とにもかくにも、

コンタクトレンズの汚れ、
ひいては花粉が
結膜炎の原因となるので、

いつも以上に
コンタクトレンズの
洗浄には気を配り、
清潔に保つことが大切で、

また、目がかゆくなっても
絶対にこすらない事が

とても重要です。

スポンサードリンク

花粉症ならコンタクトレンズの乾きも注意!

上記のように、
コンタクトレンズの汚れが
結膜炎を引き起こす原因になるので

清潔を保つ為にも

1日使捨てタイプの
ソフトレンズを使う人も
おられるのですが

その場合は「乾きやすい」という
デメリットがあります。

なので、

潤いを与える意味でも、
目薬を使えば良いんじゃねと
思ってしまいがちで、

どうせなら

目のかゆみ症状を抑える
点眼薬を使おう
という考えに到達しますが、

市販の目薬や点眼薬は

コンタクトを外してから
使わなければならないものや

目薬を差してから
数十分ほど間隔を空ける
必要があるものなど

いろいろ注意がありますので

目薬や点眼薬は
使用上の注意をよく読んでから
使うようにして下さい。

ちなみに、

コンタクトレンズをしたまま
使える目薬は
「ロートアルガードコンタクトa」など

まあとにもかくにも、

「コンタクト用」である事を確認し
使用上の注意もよく読んでから、
安全に使用して下さいませ。

最後に

とまあここまで
いろいろ書いてきましたが、

結膜炎のリスクを考えても

せめて花粉症の時期だけは
コンタクトではなくて
メガネにした方が良いと
僕は思います。

また、あるいは

必要な時だけコンタクトにして、
用事が済んだらすぐに
外すようにするなどして、

目への刺激を
最小限にするのが

やはり理想だと思います。

では、
最後までご覧いただき、
ありがとうございました。