今回は花粉症でも
飛散時期に布団干したい!
という人へ向けた内容です。

花粉を軽減するために、

どうやって布団を干すのか?
布団を干す時のコツ的な感じに
仕上がっております。

スポンサードリンク

一歩家の外へ出ると、

花粉という
むき出しの暴力が
渦巻いている世界へと
放り出される訳で、

それは人間のみならず、

外へでた物すべてが
そのバトルロワイヤルへの
参戦を余儀なくされます。

花粉症でも布団干したい!

ではでは
花粉と布団の関係を
徐々に精算するために、

布団干したい人に出来る
「対策」をみて行きましょう。

<布団を取り込む時に撫でる、
掃除機をかける>

さてさて、

花粉症で布団を干す時は
外へ布団を干した後の
取り込む時が重要で、

布団を取り込む時に、
布団叩きや手でバンバンはたくと

花粉がもっと
奥に入り込んでしまい
そして中綿もボロボロになります。

なので、

布団を干した後は
表面についた花粉を落とすように
撫でるようによくはたいてから
取り入れるようにします。

そして取り入れた後、

布団に掃除機をかけて、
さらに花粉を取り除く事で、
より除去率を高めます。

とまあこんな感じで

花粉の飛散時期でも
布団を外に干したい場合には
こうやるしかありませんが

最大の効果にして
最高の防御方法としては

やはり

「布団を干さない」
(布団乾燥機を使う)

これが最も効果ありです。

そもそもですが、
布団を外に出さなければ
花粉も付きようがないですからね。

しかし布団を干さないと
ダニやカビも発生するので

干さない場合は布団乾燥機を使い、
フレッシュな状態を保つ事を
心掛けて下さい。

スポンサードリンク

布団を干す時におすすめのグッズ!

とまあ干さない事が
やはり一番だと思いますが、

そうはいっても
「お日様の元で布団干したい!」と
思う方もいます。

そんな時には

「布団干しカバー」

布団を干す時に
このカバーを付けて干すと、
布団に付く花粉を
大幅に減らす事が出来る

大変便利なグッズ。

しかし、
布団につかないとはいえ
カバーには花粉がつきますので
そこはご注意ください。

ちなみにですが、

干さない選択をする場合の
布団乾燥機のおすすめも
ご紹介しておきます。

象印から発売されている
「スマートドライRF-AA20」

高機能でありながら、
使いやすく、
そしてコンパクトなので
収納もしやすい。

という点が受けて
大人気の布団乾燥機です。

また、
「アレル物質抑制フィルター」が
採用されているので
花粉対策もバッチリです。

日立から発売されている
「日立 HFK-VH500」

こちらも人気の商品で、
「アレルキャッチャーフィルター」と
「HEPAフィルター」という
ダブルフィルターがあるので、

より花粉が取り除けます。

最後に

そして忘れてはいけないのが
「レイコップ」ですよね。

干すより綺麗と謳っている
レイコップはやはり、
花粉症の方には役に立つ商品。

まあでも一説によると、

ゴミの吸引だけでみれば
レイコップよりも
ダイソンの方が吸うらしいです。

しかしダイソンの掃除機には
UV機能が無いので

どちらをとるかはお好みです。

では、
最後までご覧いただき、
ありがとうございました。