今回の内容は、
花粉症と掃除について、

掃除中の換気だったり、
畳掃除の仕方だとか、
掃除機の紙パックとか、

ポイントとなる点を
まとめてみました。

スポンサードリンク

家の外もさる事ながら、

外出した時とか、
洗濯物など、
衣類についた花粉とか

窓を開けた時とかにも

家の中にも意外と
花粉は侵入しています。

花粉症対策の畳掃除方法

お部屋の掃除をする際には
窓を開けて換気すると思います。

しかし換気すると
その際に花粉が入ってくる
というジレンマも

なので、

換気の為に空ける窓には
花粉をキャッチするカーテンで
対応するか、

あるいは雨の日に
掃除をするといいと思います。

さて、

日本人にとって畳は
心理的な面でも何かと
良い心地なのですが、

こと花粉症の人にとっては

畳は見てくれから
いかにも隙間に花粉が
入って行きそうな
形状をされていますし、

花粉があったら
本来落ち着くはずの畳が
全く逆の現象を起こしてくるので

ここの掃除はある種の鬼門。

なので、その方法を
見ていく訳ですが、

花粉症対策として
畳の掃除に使うと良いのは
「茶がら」が活躍するようです。

お茶を飲んだ後の
いわゆる「出がらし」ですね。

適度に湿り気を残した
茶がらを畳に撒き、
ほうきで掃くと、

茶がらが花粉を
吸着してくれるので
花粉を舞い上がらせる事なく、
除去できます。

しかし、

水気を切り過ぎて
カラカラにしてしまうと
花粉を吸着しませんし、

水気が多すぎると、

ベチャベチャ濡れるので
適度な水分量を
見極めて下さいませ。

スポンサードリンク

掃除機なら紙パックがポイント

近年では紙パックではなく

いわゆる
「サイクロン方式」と呼ばれる
中のフィルターでゴミをキャッチし、
吸引力が落ちないという
掃除機も人気になってきていますが、

それでも、

フィルター掃除の必要がなく
ゴミが溜まったら
紙パックを交換するだけの
掃除機もメリットがあります。

そしてなんでも、

花粉症の場合は
フィルター手入れの際に
花粉を吸い込む可能性の少ない
紙パック式の方が良いと
されているとかいないとか。

という感じですが、

サイクロン式でも紙パック式でも
重要なのは「排気」です。

まず前提として、

掃除機を使ってしまうと、
その排気によって
地面にある花粉を
舞い上げてしまうので
使用しない方が良いです。

とはいえ、

いちいち床を拭き掃除
ってのも大変ですし、

あるいは、

飛散時期に外へ干した布団に
掃除機をかける場合も
あると思いますので、

とにもかくにも
掃除機は「排気の綺麗さ」が
室内での花粉事情の
鍵を握っています。

なので、

紙パック式の掃除機では
花粉をキャッチする高性能な
紙パックを選ぶようにして下さい。

一般的にスギ花粉の大きさは
「20~40㎛」と言われてますので
それ以下でもキャッチできる
フィルターを選んで下さいませ。

また掃除機の種類によっては

紙パックとは別に、
排気口に
「HEPAフィルター」という
空気清浄機なんかでも
使われているフィルターが
付いている物もあるようなので、

こういう所も
チェックしておきたいですね。

最後に

花粉症のみならず
アレルギーのある人にとって
「掃除機の排気」は
とても気を配るポイント。

吸い込む力も重要ですが、
出る時の綺麗さも、
掃除機を選ぶ際には、
忘れないようにしたいですね。

では、

最後までご覧いただき、
ありがとうございました。