今回の内容は、
花粉症と化粧品です。

肌荒れ時のスキンケアや
化粧水、ファンデーションなど

そしてまた、
皮膚炎でも使えるモノは
どういったモノなのか

などなどについて、
いろいろ書いて行きます。

スポンサードリンク

花粉症でメイク所の
騒ぎでは無い的な状況にも
なってしまう事もありますが、

そうは問屋が卸さない的な
内容になっています。

肌荒れに良いスキンケアや化粧水

アレルギー反応は
目や鼻など、粘膜だけに限らず、

花粉症の人であれば、
花粉が肌についただけでも
その部分が炎症を起こしてしまい、
痒くなったりします。

そこをついつい掻いてしまうと
皮膚がダメージを受けたり、

あるいはまた、

「春」という時期的にも、
朝と夜の寒暖差や、
紫外線も強くなってきて、
肌がダメージを受けやすいので

お肌の乾燥が進み、
より花粉症の症状が辛くなります。

なので、

花粉症の肌荒れを防ぐには
化粧で膜を作り、
花粉を付けないようにする
という事と、

「保湿」に重点を置いた
スキンケアが大事になってきます。

まず外出する際には、

ファンデーションを薄く塗り、
その上からパウダーを付け、
表面をさらさらにしておく事で
花粉が肌につく事を避けます。

そして、

スキンケアでは
保湿成分が入った化粧水を使い、
肌の乾燥を防ぎます。

そうする事で

肌の乾燥を防ぐとともに、
花粉症による肌荒れも
抑える事が出来ます。

スポンサードリンク

花粉症の皮膚炎でもOKな化粧品など

先ほどもちらっとかきましたが、

花粉が肌についただけで
その部分がかゆくなったり、
赤くなったりする事があります。

そういった症状を

「接触性皮膚炎」ひいては
「花粉皮膚炎」というようです。

このように「皮膚炎」
という名が付けられたので
もはや由々しき事態に
なって来てしまっています。

さて、

花粉症による皮膚炎、肌荒れが
あまりにもひどい場合には、
やはり化粧水などを
付けるのは止めた方が良いです。

そしてまた、
酷い場合は自己解決せずに、
皮膚科へ相談した方が賢明です。

とはいえ、

それでも付けなければ
やってられない事もあると
思いますので、

そういった時には

とにもかくにも
「低刺激」が鉄則です。

肌荒れの状態では
今まで使っていても
何ともなかった物でも、
ピリピリと
刺激があったりするので

スキンケア用品や、
化粧品を使う場合には、

「敏感肌用」とか
赤ちゃんでも使えるぐらいの

モノを使ったり、

あるいは無添加などの
オーガニック的なモノを

使うようにすると
肌への刺激が少なく済みます。

とはいっても、
あれやこれやと
いろいろ付けるのではなくて、

スキンケアや化粧は
「必要最低限」に抑えて、

そして食事などにも気を配り、
内側からのケアも
考慮していくと良いと思います。

最後に

肌荒れを防ぐ為には、

とにもかくにも
「肌を擦らない事」が
重要みたいです。

かゆくても、

肌への刺激を避ける為に
そこはぐっと我慢して、
対処していく事で

肌荒れを防ぐのです。

では、
最後までご覧いただき、
ありがとうございました。