花粉症の人にとって
欠かせないアイテムである
「マスク」について、

ぴったり隙間をなくしたモノの
その効果的な使い方や

ナノレベルのレベルとかなど

いろいろと
やらさせてもらいます。

スポンサードリンク

花粉症の人にとって
マスクというアイテムは、

のび太くんにおける
ドラえもんといっても
過言ではありません。

それほどまでに

付けているのと
付けていないのとでは
効果が違ってきます。

しかし、

マスクだけに頼らず、
幾重にもテクニックを施す事で
より花粉の侵入を防ぎます。

テクニカルバリアです。

花粉症対策マスクの効果

マスクを付けている場合と
マスクを付けてない場合では
花粉の侵入が8割ほど
違ってくると言われています。

また、

インフルエンザなどの
「ウイルス」と比べると

花粉は大きいので、

安いマスクでも高いマスクでも
一定のクオリティであれば
非常に有効なので、

花粉症対策として
マスクは効果があります。

ただし、

より効果を高める為には
やはり「マスクの選び方」と
その「使い方」が
ポイントになっています。

花粉症対策として

効果のあるマスクと、
その使い方は、

  • 不織布マスクを使う
  • ぴったりフィットしたモノ
  • 毎日替える
  • 裏表と上下を正しく使う

っという感じです。

上記を踏まえつつ、
マスクを付ける事に加え、
より対策を施しますが、

鼻や口から花粉が入るのを
防げたとしても、

目から入る花粉もあるので、

花粉カットメガネも
付ける事をおすすめします。

また、

いくらマスクでも
キャッチできる量には
限界があったり、

どうしてもわずかな隙間から
入ってくる花粉もありますので、

マスクの上からは
こういったスプレーをかけ、

【花粉抗体スプレー】はこちら

侵入してくる花粉を
スプレーで無効化しておきます。

またこの上さらに

鼻の穴にワセリンを塗っておき、
マスクを越えてきた花粉を
ワセリンでキャッチするように
対策しておきます。

マスクだけに頼らずに、

これぐらい徹底的にやり、
より効果的に
花粉の侵入を防ぐ事で

症状も楽になると思います。

スポンサードリンク

ぴったり隙間とナノレベル

顔の形には
どうしても個人差があるので
いくらぴったりと
謳っている商品だとしても

市販の既製品では
隙間が出来てしまう事もあります。

ゆえに、

メーカーだとか形だとかを見て、
出来るだけ自分にあった
ピッタリフィットのマスクを
探す必要があります。

そして、

巷にはナノレベルで防ぐ的な
マスクにかける
スプレーもあるようです。

一般的にスギ花粉の大きさは
約20~40µm(マイクロメートル)

そして良く聞く「PM2.5」は
2.5µm以下

ちなみに「黄砂」は4㎛ぐらい

そしてナノレベルとは
「㎚(ナノメートル)」の事で、

大きさを表すと、

「1㎛(マイクロメートル)
=1000㎚(ナノメートル)」

なんだそうです。

つまり、

ナノレベルというのは
マイクロメートルよりも
さらに小さいレベルである事が
一目瞭然でございます。

なので、

ナノレベルで防ぐとか
もう半端ない事なのですが

花粉よりも小さい、
「PM2.5」を防げる
ってレベルなのであれば
花粉は十分に防げます。

最後に

まあ花粉症に対して
マスクなんて効果ない
という事も言われていますが、

やはり付けている時と
付けてない時では違いますし、

マスクを付けても
症状が出る場合には、
それはどっかから体内へと
花粉が侵入しているって事なので、

上記のように、

マスクにスプレーするとか
鼻の中にワセリン塗るとかして

対策方法だとか
グッズを組み合わせれば、
良いと思います。

とにもかくにも、

マスクだけに頼らず、
2重3重と防御策を施せば
より効果的が上がりますから、

いろいろと
やってみて下さいね。

では、
最後までご覧いただき、
ありがとうございました。