ノロウイルスは
アルコールでは消毒できず、

塩素系の消毒液
「次亜塩素酸水」でないと
効果がありません。

今回はそんな

次亜塩素酸水作りから、
塩素濃度や希釈の目安などを
まとめています。

スポンサードリンク

消毒といえば
やはりアルコールが
一般的ですよね。

しかしノロウイルスは

アルコールでは
お亡くなりになられないので、
注意が必要です。

塩素系のモノで
しっかりと除菌しましょう。

塩素濃度や希釈の目安

使用目的によって
塩素濃度が若干違ってきます。

まず、
ドアノブだったり、
床だったり、
汚染(してるかもしれない)場所や

テーブルやお皿などを
除菌掃除する際には

「塩素濃度200~500ppm」の
モノを使用します。
(*あくまで目安です。)

場所の汚染度合いによって
濃度は調節するのですが、

大体の場合は
200ppm以上があれば
大丈夫みたいですね。

希釈の目安としては
塩素濃度が5%の漂白剤なら
250倍希釈。

つまり1Lの水に対して
4mlの原液を加えて出来ます。

次に、

感染者の嘔吐物などを
処理する際だとかの
直接かけるような

そういった場合には
先ほどより濃い液

「塩素濃度1000ppm」の
モノを使用します。
(*あくまで目安です。)

やはり汚染度合いが
高いモノが対象の場合は
それに応じて
濃度の濃いモノを使用すると

そういう事ですね。

希釈の目安としては
塩素濃度が5%の漂白剤なら
50倍希釈なので、

1Lの水に対して
原液を20ml入れます。

希釈する際には
熱湯を使うと意味が無いので
普通に水を使って下さい。

また、

塩素系の漂白剤と
酸素系の漂白剤を混ぜると
危険なので

絶対に混ぜないように
気を付けて下さい。

さてさて、

分りやすいように、
5%の塩素系漂白剤を
例にしていますが、

分りやすい希釈の目安が
厚生労働省の
パンフレットにありましたので
そちらを参考にして下さい。

厚生労働省のページ

「食中毒予防のポイント」
という欄の
「パンフレット」にある

「冬は特に注意!
ノロウイルスによる食中毒」
という所から

希釈目安の表が見られます。

スポンサードリンク

簡単な次亜塩素水の作り方

っと言う事で
対応別で塩素濃度について
数字を使って書いて来ましたが、

希釈の計算って
めちゃくちゃ面倒ですよね。

まあでも、

塩素濃度が5%の液なら
500mlペットボトルを使えば
とっても分りやすいです。

1000ppmの場合は
ペットボトル500mlの水に対し
そのペットボトルの
キャップに2杯分の液を入れると
出来ますし。

200ppmの場合は
ペットボトル500mlの水に対し
そのペットボトルの
キャップに半分ぐらいの液を
入れると出来ます。

とはいっても

希釈の目安は
その商品ラベルなどに
書いている場合もあるので

そちらを参考にすると
よりわかりやすいと思います。

そして予防対策に
使用するのであれば、

こういったモノ↓
(楽天に飛びます)

400ppmですが、
こういったモノを使って
掃除をするとお手軽に予防や
対策が出来ます。

最後に

希釈方法がややこしい事に
変わりはありませんけれども

「10000ppm=濃度1%」
と言うのを覚えていれば
比較的計算はしやすいかと。

塩素濃度が6%なら
「6%=6000ppm」

そうして出てきたppmを
使用したい濃度の数字で割ると
何倍すればいいのかが出てきます。

上記の例を使うと

塩素濃度6%の液を
200ppmにしたいなら

6%=6000ppm

6000ppm÷200=30

「30倍にする」という事は
1mlの原液に対して
29mlの水をいれる
という事です。

作りたい量が500mlなら

500(ml)÷30(倍)
=(原液)約16(ml)

原液16(ml)×30(倍)
=(水)480ml

完成は「496ml」に
なってしまいますが
6%濃度の原液の場合は
200ppmの
次亜塩素水液が出来ます。

ってやっぱり
ややこしいですね・・・

では、

最後までご覧いただき、
ありがとうございました。