花粉症の症状が、
部屋の中のほうが酷い的な事で
部屋の中でも
マスクが外せないみたいな、

そんな時に出来る、
室内での対策方法などをチェック。

スポンサードリンク

花粉が多く舞っている外よりも、

部屋に入ったり、
家の中など室内の方が
症状がひどくなるみたいな時に

考えられる原因と、その対策。

部屋の中のほうが酷くてマスクが必須?

部屋の中であっても、
花粉があるから症状が出る訳で、

部屋の中のほうが
酷い症状だとしても
つまる所の原因は花粉です。

外出時に髪の毛や服についた花粉が

室内という密閉された空間で、
飛散する事により、

部屋の空気中の花粉密度が高まるので

室内の方がより多くの花粉を
吸いこんでいる状態になり、
花粉症の症状がひどくなるようです。

室内は外よりも空気の流れが悪いので、

「室内の空気は外の数倍汚い」
とも言われていますから、

花粉を持ちこんでしまった時には、

部屋の中のほうが、
それだけ花粉が濃い空気に
なってしまいます。

とまあこのように、

非常に恐ろしい事実に
うちひしがれそうですが、

しっかりと対策する事で、

室内の花粉濃度は下げれますし、
部屋をマスクなしで過ごせる
当たり前の日常が手に入ります。

スポンサードリンク

室内の花粉症対策

という事で、

いかに花粉を室内に持ちこまず、
家に入れないようにするか、

そして次に、

室内にどうしても入ってしまう花粉を
いかに除去していくか、

この2点がポイントです。

さて、まずは花粉を室内に
持ちこまない為の対策方法としては

  • 家に入る前に服、髪の毛、
    鞄についている花粉を払う
  • 帰ってたらすぐに洗顔
  • 外に干した洗濯物も
    取り入れる前には払う

といった所です。

花粉の付きにくい服装に関しては
こちらの記事を
ぜひ参考にして下さい↓


そして、

洗濯物とか布団に関しては
これらの記事を
ぜひ参考にしてみて下さい↓



とまあそんなこんなで、

まずは持ち込む花粉を
最小限に抑えつつ、

お次は、

花粉が舞っている
部屋の対策としては

  • 空気清浄機や加湿機を使う
  • 床は拭き掃除をしてから
    掃除機を使う
  • じゅうたんを無くす
  • 部屋の換気時は
    必ずレースカーテンをする

といった所です。

掃除方法や空気清浄機に関しては、
これらの記事を
ぜひ参考にしてみて下さい↓



そして部屋の中でも、
「じゅうたん」は意外と
花粉を溜めてますので、

室内で症状が酷い場合は、

花粉の飛散時期だけでも
絨毯を無くしてしまう事を
検討してみて下さい。

最後に

室内で花粉症がひどくなるのは、

部屋の中のほうが
空気中の花粉密度が高い事が
原因な感じという事でした。

しかし、しっかりと対策して、

いわゆる
「お部屋のサンクチュアリ化」を目指し
カスタマイズしていけば、

室内が快適になり、
マスクを外せるようになります。

まあいろいろやっかいですし、
対策することも
めんどくさくなるかもしれませんが、

ストレスをためてしまうと、

それがまたアレルギー症状を
より過敏にしてしまうので、

サンクチュアリ化までの
プロセスを楽しむなど
花粉とうまく付き合って行く事を
おすすめします。

では、

最後までご覧いただき、
ありがとうございました。