今回の内容は、
「花粉症」と「副鼻腔炎」

その症状の違いとか、
併発する事があるのかという事や
どういった薬が有効なのか?

などなどについて、
やらさせてもらいます。

スポンサードリンク

花粉症の代表的な症状である
「鼻水」ですが、

こじらせてしまうと、

「副鼻腔炎」という病気に
発展してしまうとかしないとか

花粉症と副鼻腔炎の違いは?

副鼻腔炎とは、
鼻の周りにある空洞(副鼻腔)に
膿のような粘液がたまり、
鼻づまりなどを起こす病気です。

この副鼻腔炎が慢性化すると
「蓄膿症」という病気になります。

副鼻腔炎が起こる原因は、
細菌やウイルスによるものや
膿を出せずに溜まってしまう事です。

そして花粉症は
花粉が原因なのですが、

花粉症の症状によって
鼻づまりが起こってしまうと、
副鼻腔にある膿を出せなくなり、

そしてまた、

細菌が溜まりやすくなるので
その事が原因で副鼻腔炎になります。

つまり、

花粉症から副鼻腔炎に
なってしまうパターンがあります。

症状の違いとしては

花粉症は、
鼻水がサラサラで
無色なのに対し、

副鼻腔炎は鼻水がネバネバで
黄色い場合がほとんどです。

つまり

鼻水の「粘度」と「色」に
症状の違いがあり、

また、

花粉症は他にも
目のかゆみだったり
くしゃみがありますが、

副鼻腔炎の場合は
主に「鼻づまり」だけで

目のかゆみもくしゃみもありません。

スポンサードリンク

併発した場合に有効な薬は?

花粉症(季節性アレルギー鼻炎)と
蓄膿症(副鼻腔炎)が
同時に起こってしまう事は
珍しくありません。

しかし、

2つとも同じような
「鼻づまり」の症状といっても
原因となる物質が違うので
治療のアプローチは違うようです。

花粉症に有効な薬は
アレグラなどの
抗ヒスタミン薬ですが、

副鼻腔炎に薬には
細菌を抑える抗生物質が使われます。

この2つが併発している場合は
副鼻腔炎の治療を
優先する事が多いようです。

なのでまずは
副鼻腔炎を治しましょうって事で

薬での治療もありますが

あまりにもひどい場合は
副鼻腔にある膿を吸い出す治療を
する場合があるようです。

しかしながら、

アレルギーと炎症の両方に効く
薬も無い事はないようで、

漢方の「小青竜湯」は
両方への効果が
期待出来るようです。

そしてまた、

薬ではありませんが
「なた豆茶」を飲む事も
花粉症にも副鼻腔炎にも良いのだとか。

なた豆茶は
主に口臭予防などの
臭い関係でお悩みの方に
売れている物ですが、

なた豆茶は
身体の代謝をアップするので、
免疫力が向上します、

そしてまた、

なた豆茶に含まれている
「カナバニン」という成分に
炎症を抑える作用があるようで、

花粉症というアレルギーにしても
副鼻腔炎という鼻の炎症にも
両方への効果が期待できるお茶です。
国産なた豆茶

最後に

併発している場合は

小青竜湯やなた豆茶などを使って
改善を試みるのも良いですが、

その他にも

タバコやお酒を控え、
睡眠を十分に取るなど、

基本的な事も
おろそかにしないように
して欲しいと思います。

では、

最後までご覧いただき、
ありがとうございました。